トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 10月 > 大井一丁目南第1地区市街地再開発組合の設立認可

ここから本文です。

報道発表資料  2014年10月15日  都市整備局

大井一丁目南第1地区市街地再開発組合の設立認可について

 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、大井一丁目南第1地区市街地再開発組合の設立を下記のとおり認可しますのでお知らせします。
 今回の組合設立認可により、「東京都防災都市づくり推進計画」において整備地域「林試の森周辺・荏原地域」に指定されている本地区の防災性の向上を図るとともに、「品川区まちづくりマスタープラン」に位置付けられた「都市活性化拠点」として、魅力とにぎわいのある拠点市街地の形成が推進されることになります。

 記

1 事業効果

  • 細分化された敷地の統合と建物の共同化によって、土地の高度利用を図り、区画道路や広場等を整備することで、市街地環境の改善と防災性の向上を図る。
  • 広場には、災害時に地域の防災活動の場として利用可能なマンホールトイレやかまどベンチなどを整備する。また、建物低層部に、広場に面して屋内応急活動スペースとして開放可能な集会室や防災用備蓄倉庫を設置し、災害時の一時避難場所や長期的な周辺在宅被災者に対する支援活動の場として活用する。
  • 多様なニーズに対応する良質な住宅を供給するとともに、補助163号線支線1沿道には子育て支援施設や店舗等の生活支援施設を連続して設け、福祉インフラの充実や賑わいの創出により、地域のコミュニティの活性化を図る。

2 認可組合(施行者)の名称及び所在地

 大井一丁目南第1地区市街地再開発組合
 品川区大井一丁目34番11号

3 事業の名称

 東京都市計画 大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業

4 施行地区

 品川区大井一丁目及び二丁目各地内

5 地区の概要

(1) 地区面積

 約0.8ヘクタール

(2) 計画概要

  • 施設規模
    延べ面積 約60,900平方メートル
    階数・高さ 地上29階/地下2階/塔屋1階 約104メートル
  • 施設用途
    住宅、生活支援施設(子育て支援施設、店舗等)、駐車場
  • 公共施設等
    都市計画道路 補助163号線支線1(整備済み、幅員7.5メートル(全幅員15メートル))
    区画道路1号(一部拡幅、幅員6メートル(全幅員12メートル))
    区画道路2号(拡幅、幅員6メートル)
    広場(2箇所新設、面積 約1,000平方メートル、約50平方メートル)
    歩行者通路(新設、幅員2メートル)
    歩道状空地(新設、幅員2メートル、4メートル)
  • 総事業費
    約261億円

6 認可予定日

 平成26年10月16日(木曜)

7 認可の効果

 組合設立認可により、法人格を得て市街地再開発事業の施行者となり、事業に着手する。

今後の予定

  • 権利変換計画認可 平成27年12月
  • 工事着手 平成28年7月
  • 建物竣工 平成31年2月
問い合わせ先
都市整備局市街地整備部民間開発課
 電話 03-5320-5136

〔参考資料〕

大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業

位置図

画像

計画配置図

画像

イメージパース (南側から見る)

画像

計画断面図

画像

ページの先頭へ戻る