トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 10月 > 東京ビジネスイベンツ先進エリアを決定

ここから本文です。

報道発表資料  2014年10月9日  産業労働局

平成26年度新規事業
東京ビジネスイベンツ先進エリアが決定!

 このたび、会議・展示、宿泊施設などのMICE受入施設が集積するエリアにおいて、関連する主体が一体となって受入環境整備に取り組むための核となる団体等を公募し、以下の団体及び地域を「東京ビジネスイベンツ先進エリア」として指定しましたのでお知らせします。
 今後、都と公益財団法人東京観光財団が連携し、地域の取り組みを支援していきます。

※MICEとは M:Meeting(企業系会議)、I:Incentive(企業の報奨・研修旅行)、C:Convention(国際会議)、E:Exhibition/Event(展示会・見本市、イベント等)を総称した造語。
※ビジネスイベンツ MICEと同義として使用。

東京ビジネスイベンツ先進エリア

一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会

  • 指定エリア : 大手町・丸の内・有楽町地区
  • 取組概要 : 地区内の受入施設との連携を図り、地域一体となった推進体制を構築する。また、交流空間を活用したモデル事業を実施し、大丸有でしかできないMICEの舞台を提供するとともに、エリアの情報を国内外に発信する。

Destination Marketing Organization (DMO)六本木

  • 指定エリア : 港区 六本木・赤坂・麻布エリア
  • 取組概要 : エリア内に集積するMICE主催者とのネットワークを構築し、主催者のニーズに沿った六本木ならではのサービスメニューを開発・提供する。またワンストップ窓口を設置し、機動的・効率的な運営体制でMICE誘致を推進する。

臨海副都心まちづくり協議会

  • 指定エリア : 臨海副都心
  • 取組概要 : エリア内の関連事業者と共同でMICE誘致推進のための海外へのセールスプロモーションを実施するとともに、エリア内で開催されるイベント等と連携して、MICE利用のお客様をおもてなしするサービスを提供する。

 MICE拠点育成支援事業の概要については以下を、「東京ビジネスイベンツ先進エリア」募集の詳細については、東京の観光公式サイト「GO TOKYO」に掲載の募集要項をご覧ください。

問い合わせ先
産業労働局観光部企画課
 電話 03-5320-4687

〔参考〕

MICE拠点育成支援事業

1 事業概要

 地域が連携してMICE関連施設の集積を活かし、エリア内での受入環境整備に取組む団体等を「東京ビジネスイベンツ先進エリア」として指定(3エリア)し、重点的な支援を行います。
 指定期間は、平成26年10月から平成32年度末までの7年間とします。

事業イメージ

画像

事業期間の考え方

画像

2 支援内容

(1) 公益財団法人東京観光財団による支援

 東京観光財団が、MICE受入に必要なノウハウの提供や受入環境整備の取組に対する助言等の支援を行います。

(2) 提案事業に対する支援

 地域が提案するMICEの受入環境整備に向けた取組に対し財政支援を行います。
 〈 補助限度額 〉10,000千円、〈 補助率 〉補助対象経費の 2分の1

ページの先頭へ戻る