トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 10月 > 「ヘルプマーク作成・活用ガイドライン」を策定等

ここから本文です。

報道発表資料  2014年10月1日  福祉保健局

助け合いのしるし「ヘルプマーク」を広げます
活用ガイドライン策定・ホームページ開設!

 援助や配慮を必要としていることが外見から分からない方々のための「ヘルプマーク」について、これまで都庁及び都内の自治体で普及させてきましたが、この度、他道府県の地方公共団体や企業等、様々な主体で作成・活用できるよう「ヘルプマーク作成・活用ガイドライン」を策定しました。
 また、ヘルプマークの取組に御協力いただける企業・事業者向けのホームページを開設しました。
 ガイドライン及びホームページを積極的に御活用いただき、ヘルプマークを通して、援助を必要とする方が様々な援助を受けられる社会づくりへの御協力をお願いします。

1 ヘルプマーク作成・活用ガイドラインの策定

  • 作成についてのデザインガイド、東京都への情報提供方法
  • 活用についての要件・活用例 等

※詳細は別添(PDF形式:530KB)のとおり

2 ヘルプマーク(企業・事業者向け)ホームページの開設

URL http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/helpmarkforcompany/

  • ヘルプマーク推進に活用できるテーマ・トピックスを掲載
  • 各企業等の導入事例・実績についても紹介

(参考)ヘルプマークについて

画像
ヘルプマーク

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう、作成したマークです。
 障害者等で利用を希望する方に、平成24年10月から都営地下鉄各駅等でヘルプマークを配布するとともに、優先席にステッカーを標示しています。


問い合わせ先
福祉保健局障害者施策推進部計画課
 電話 03-5320-4144
 ファクス 03-5388-1407

ページの先頭へ戻る