トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 9月 > がん患者の治療等への優良な取組を行う企業を募集

ここから本文です。

報道発表資料  2014年9月30日  福祉保健局

がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業を募集します!

 東京都では、がんになっても自分らしく生活できる社会の構築を目指しています。
 近年、医療技術の進歩により、がん患者であっても、治療を行いながら仕事を続けることが可能になっており、社会で活躍する方が増えつつあります。一方で、治療と仕事の両立を可能とする職場環境が不十分であるために、就労意欲があるにも関わらず、就労の継続や復職が困難になるケースもあります。
 そこで、東京都では、治療と仕事の両立に関する優良な取組を行っている企業を表彰し、その取組を広く周知する「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」を実施することといたしました。
 ついては、この度、表彰候補となる企業を募集します。表彰企業は、社会的認知度が高まり、顧客や人材の確保・定着が期待されるなどのメリットがあります。
 たくさんのご応募をお待ちしております。

募集の概要

1 主な応募要件

  1. 東京都内に事業所を有する法人
  2. 過去5年間、がん罹患後1年以上就労を継続した従業員が1人以上存在する。
    ※がんと診断された時点は必ずしも過去5年以内である必要はありません。
    ただし、がんと診断された時、当該法人で就労していた従業員に限ります。

2 表彰部門

 「大企業部門」と「中小企業部門」に分けて募集し、表彰します。

大企業部門 常時使用する従業員の数が301人以上の会社
中小企業部門 常時使用する従業員の数が300人以下の会社

※各部門とも数社ずつ表彰予定です。一定基準に達しない場合は、表彰企業なしとする場合があります。

3 応募方法

 東京都ホームページ(東京都がんポータルサイト)より応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、下記事務局まで、郵送にて提出してください。

4 応募期間

 平成26年10月14日(火曜日)~平成26年11月14日(金曜日)17時00分(必着)

 本事業は、「治療と仕事の両立」の必要性や意義について社会・企業に広く普及・定着させるとともに、成果を挙げている取組を周知することにより、企業における、がんをはじめとした傷病を抱える従業員に対する治療と仕事の両立を推進することを目的としています。

 募集の詳細については、東京都ホームページ(東京都がんポータルサイト)を確認してください。

審査について

 審査は、有識者等からなる選定委員会(非公開)において、厳正かつ公正に行います。

1 選定基準

 「実績に関する評価」「取組に関する評価」「成果に対する評価」「取組が他社へのモデルとなるかの評価」の各評価に基づき、総合的に審査します。選定基準についての詳細は、応募要領を確認下さい。

2 審査の流れ

 以下の流れで、審査を行います。

画像

3 審査結果

 審査結果は、各審査終了後、順次通知します。

表彰式

 平成27年3月20日(金曜日)開催の東京都主催のシンポジウム内で、表彰式を行います。

取組内容の事例集作成及びその普及啓発

 審査終了後、表彰企業の取組を掲載した事例集を作成します。
 その事例集は東京都ホームページ(東京都がんポータルサイト)やその他の媒体に掲載する等PRし、より多くの企業が自主的かつ積極的に、がん患者の治療と仕事を両立に取り組むことができるよう、普及啓発していきます。

応募用紙提出及び応募に関する問い合わせ先

 【事務局】
 みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部(担当:志岐・田中・西山)
 〒101-8443 東京都千代田区神田錦町2-3
 Eメール:tokyo_ryoritsu2014(at)mizuho-ir.co.jp
 電話:0120-145-277(平日10時00分~17時30分)
 ファクス:03-5281-5443(24時間受付)

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

(※事務局については、福祉保健局よりみずほ情報総研株式会社へ委託しております。)

問い合わせ先
福祉保健局医療政策部医療政策課
 電話 03-5320-4389

ページの先頭へ戻る