トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 9月 > 東京オリ・パラ50周年記念シンポジウムin首都大学東京

ここから本文です。

報道発表資料  2014年9月10日  総務局

1964年東京オリンピック・パラリンピック50周年記念シンポジウムin首都大学東京
オリンピアン・パラリンピアンと語る 2020年に向けて私達にできること

 首都大学東京は、1964年東京オリンピック・パラリンピック50周年記念事業の一環として、「オリンピアン・パラリンピアンと語る 2020年に向けて私達にできること」と題したシンポジウムを開催します。
 当日は、オリンピアン・パラリンピアンの方々を講演者、パネリストとしてお招きし、ご自身の選手としての経験から、2020年東京大会に向けて大学や地域に何ができるのかについて、参加者の皆さまと一緒に考えていきます。
 参加費無料、事前申込不要ですので、是非お気軽にご参加ください。

開催日時

 平成26年10月10日(金曜)13時30分~16時00分(開場13時00分)

場所

 首都大学東京 南大沢キャンパス講堂

登壇者(敬称略)

 川淵三郎(首都大学東京 理事長、1964年東京オリンピック大会サッカーベスト8)
 千田健太(2012年ロンドンオリンピック大会フェンシング男子フルーレ団体銀メダリスト)
 川上理恵(2000年シドニーパラリンピック大会女子車いすバスケットボール銅メダリスト)
 舛本直文(首都大学東京 大学教育センター教授)
 森正明(中央大学 文学部教授)

オリンピアン・パラリンピアン

画像画像画像
川淵三郎氏千田健太氏川上理恵氏

参加費等

 参加費無料、事前申込不要

主催

 公立大学法人首都大学東京

共催

 公益財団法人日本オリンピック委員会
 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会

後援

 東京都

協力

 中央大学

1964年東京オリンピック・パラリンピック50周年記念事業について

 50周年記念事業は、2014年が1964年東京オリンピック・パラリンピックの開催から50年を迎えることから、すべての人々とスポーツの持つ価値を共有し、スポーツに親しむ機会を提供するとともに、2020年東京大会をどのような大会にしたいのかを考えるきっかけとするために、東京都が(公財)日本オリンピック委員会、(公財)日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会、(一財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と共同で実施する事業です。
 この節目の年に2020年東京大会に向けた気運を醸成するため、庁内各局及び都内区市町村で実施されるさまざまな事業と連携した企画を展開していきます。

1964年東京オリンピック・パラリンピック50周年記念事業についての問い合わせ先

 オリンピック・パラリンピック準備局総合調整部調整課
 電話 03-5320-7769

※別添 1964年東京オリンピック・パラリンピック50周年記念シンポジウムin首都大学東京ポスター(PDF形式:517KB)

問い合わせ先
(本シンポジウムについての問い合わせ先)
公立大学法人首都大学東京経営企画室
 電話 03-5990-5388

ページの先頭へ戻る