トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 9月 > 26年10月1日より東京都父子福祉資金の貸付けを開始

ここから本文です。

報道発表資料  2014年9月29日  福祉保健局

平成26年10月1日より東京都父子福祉資金の貸付けが始まります!

 東京都では、ひとり親家庭への支援の充実を図るため、父子福祉資金を創設します。
 平成26年10月1日より、都内にお住まいの父子家庭の方を対象として、修学資金(お子さんの高校や大学の授業料等の費用)や技能習得資金(お父さんが就職するために必要な知識・技能を習得するために必要な授業料等の費用)などの貸付けを開始しますので、お知らせします。

1 貸付けの対象となる方

 都内にお住まいの父子家庭のお父さんなどで、20歳未満のお子さんなどを扶養している方が対象です。

2 貸付金の種類など

 目的により12種類の貸付金があり、資金の種類ごとに、貸付限度額や返済期間などが異なります。
 <資金の種類>
 修学資金・就学支度資金・技能習得資金・生活資金・転宅資金・修業資金・事業開始資金・事業継続資金・住宅資金・医療介護資金・就職支度資金・結婚資金

3 相談・申請窓口

 相談や申請は、お住まいの区市・西多摩福祉事務所・支庁が窓口です。
 申込みに必要な書類、相談から返済までの流れなど、詳しい内容は、別添のチラシ(PDF形式:302KB)の各窓口へお問い合わせ下さい。

※貸付けが自立につながると判断され、返済の計画を立てられる方が対象となります。
※貸付金の種類ごとの貸付限度額や返済期間などについては、10月1日に東京都福祉保健局のホームページにも掲載します。
 ホームページ 東京都福祉保健局トップページ⇒子供家庭⇒ひとり親家庭支援⇒母子福祉資金・父子福祉資金・女性福祉資金の貸付

※別添 チラシ(PDF形式:302KB)

問い合わせ先
福祉保健局少子社会対策部育成支援課
 電話 03-5320-4126

ページの先頭へ戻る