トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 9月 > 「自主的衛生管理段階的推進プログラム」を開始

ここから本文です。

報道発表資料  2014年9月25日  福祉保健局

食品衛生の自主管理を支援する「自主的衛生管理段階的推進プログラム」を開始します

 東京都では、食品取扱施設で食品安全を確保するために日々行っている衛生管理の取組を第三者が認証し、公表する「東京都食品衛生自主管理認証制度」を実施しています。
 この度、認証取得までの達成状況を3つのステージ(エントリー、1st、2nd)で見える化し、消費者や取引先にアピールできる「自主的衛生管理段階的推進プログラム」(詳細は別紙リーフレット(PDF形式:1.86MB))の運用を開始します。

1 プログラムの特徴

画像
  • 認証取得までの取組を評価するので、衛生管理マニュアルは必要ありません。
  • 2ndステージ達成後は、衛生管理マニュアルを作成することで認証が取得可能になります。
  • 達成状況に応じたステッカー(確認証)を施設に掲示し、衛生管理への取組をアピールできます。
    また、東京都のホームページで施設名や所在地を公表します。

2 今回開始するプログラムの対象者

  • 都内の調理・給食施設
    なお対象業種は製造・加工・販売へと順次拡大していく予定です。

3 プログラムの活用の申請先

 都が指定した審査事業者に申請します。(申請料8千円※から)※税別
 申請受付の準備ができた指定審査事業者については、都のプログラムのホームページで公表していきます。

〔参考〕東京都食品衛生自主管理認証制度の認証状況

 認証施設は、都のホームページ「食品衛生の窓」で公表しています。
 認証施設数 415施設(平成26年8月末現在)
 (内訳)
 給食:64施設、調理:162施設、製造:98施設
 加工:16施設、販売:74施設、その他:1施設

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部食品監視課
 電話 03-5320-4475

ページの先頭へ戻る