トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 9月 > デング熱の国内感染症例について(第9報)

ここから本文です。

報道発表資料  2014年9月9日  福祉保健局

デング熱の国内感染症例について(第9報)

 都内医療機関から、新たに海外渡航歴がないデング熱患者4名の届出がありました。
 患者はいずれも都立代々木公園及びその周辺に訪問等をしていたことが確認されています。
 なお、現時点で重篤な症状を呈する患者は確認されておりません。
 9月8日に届出のあった患者の概要及び専用相談電話の実績について、以下のとおりお知らせします。

1 患者について

  届出受理日 年代性別 発症日 推定感染日
1 9月8日 10代男性 8月30日 不明
2 9月8日 40代女性 9月1日 8月21日
3 9月8日 50代女性 9月5日 不明
4 9月8日 20代女性 9月5日 8月27日
報道発表済みの患者数 全国80名 うち都内48名 (9月8日発表分まで)

2 専用相談電話実績(電話番号 03-5320-4179)

8月28日(木曜)~9月7日(日曜) 9月8日(月曜) 合計
1427 238 1665
平日午前9時00分から午後7時00分まで

3 デング熱に関する情報の住民等への周知について

 住民や施設管理者等がデング熱に対する予防や発症時の対応、蚊の発生防止対策などについて、適切な対応を取っていただくため、住民等に対するデング熱に関する情報提供や注意喚起等を適宜実施するよう、本日、区市町村等の関係機関に通知しました。
※通知については別添(PDF形式:108KB)のとおり

※参考1 デング熱に関するQ&A(厚生労働省)
※参考2 施設管理者のための蚊の発生防止対策(福祉保健局)(PDF形式:2.47MB)
※参考3 公園における熱注意喚起の例(PDF形式:58KB)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部感染症対策課
 電話 03-5320-4482

ページの先頭へ戻る