ここから本文です。

報道発表資料  2014年8月4日  建設局

旧岩崎邸庭園 講演会

 旧岩崎邸庭園では、今年5年目を迎える講演会「近代建築史シリーズ」と庭園ガイドボランティアによるスペシャル講演会を開催します。
 旧岩崎邸庭園への理解が深まる二つの講演会に、ぜひご参加ください。

画像
旧岩崎邸庭園 洋館

1 近代建築史シリーズ「岩崎久彌末廣別邸と建築家津田鑿(さく)

(1) 日時

 平成26年10月10日(金曜)
 15時00分~16時30分

(2) 場所

 洋館1階

(3) 内容

 岩崎久彌の千葉県・末廣別邸および岩手県・小岩井農場の聴禽荘(ちょうきんそう)の建築的特徴と、それらを設計した建築家津田鑿の経歴と作風を明らかにします。また、建築家ジョサイア・コンドルによる茅町本邸(都立旧岩崎邸庭園)をはじめとする久彌の邸宅群を紹介し、それらとの比較検討を行いながら、久彌が末廣別邸や聴禽荘にかけた思いを探ります。

(4) 講師

画像
河東義之氏

 河東義之(かわひがしよしゆき)氏(建築史家、小山工業高等専門学校名誉教授、工学博士)

 【略歴】
 1943年3月22日 愛媛県大洲市で生まれる。
 1967年3月 東京工業大学理工学部建築学科卒業
 1967年7月 東京工業大学理工学部助手
 1976年4月 小山工業高等専門学校助教授
 1989年10月 同校教授
 1990年3月 工学博士(東京工業大学)
 1999年4月 千葉工業大学工学部教授
 1999年7月 小山工業高等専門学校名誉教授(現在に至る)
 2008年3月 千葉工業大学定年退職
 現在、日本大学大学院非常勤講師、日本大学芸術学部および生産工学部非常勤講師、東京都文化財庭園の保存・復元・管理等に関する専門委員会委員、青梅市、千葉市、我孫子市、小山市、栃木市の文化財保護審議会委員、桜川市および栃木市の伝統的建造物群保存地区保存審議会会長など。


(5) 参加費

 無料(入園料別途)

(6) 定員

 80名

(7) 申込方法

往復はがき

 往復はがきの「往信用裏面」に(1)住所・氏名(ふりがな)(2)参加人数(1枚のはがきで2名まで。2名の場合はそれぞれの氏名を必ず明記してください。)(3)電話番号(4)希望する「講演番号」(※)と「演題」を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名をご記入の上、下記宛先までお送りください。

※講演番号:4
 【宛先】
 〒110-8615 東京都台東区東上野4-5-6
 台東区役所文化振興課内「上野の山文化ゾーン」係

インターネット

 8月9日(土曜)から受付開始
 台東区ホームページのトップページから「文化・観光情報」>「文化・芸術への取り組み」>「上野の山文化ゾーン」>「講演会シリーズ」のページにアクセスし、専用のフォームから電子申請でお申込みください。

締切日

 往復はがき:9月25日(木曜)必着
 インターネット:9月25日(木曜)

(8) 注意事項

  1. 応募者多数の場合は抽選となります。各締切日後に、往復はがきで応募の方は返信はがきにて、インターネットからの応募の方はEメールにて、当落結果をお知らせします。講演会の7日前になっても返信が届かない場合は、下記までご連絡ください。
    上野の山文化ゾーン連絡協議会事務局(台東区役所文化振興課内)
    電話:03-5246-1153(平日8時30分~17時00分)
  2. 講演会の申込みは、電話・Eメールでは受け付けていません。

※『上野の山文化ゾーンとは』

 旧岩崎邸庭園は、台東区と上野の山の文化施設などで組織する「上野の山文化ゾーン連絡協議会」に加盟しています。これは、上野の山にある文化施設などが相互に交流・連携を深めることによって、上野の山を芸術・文化の拠点として発展させることを目的としています。

2 庭園ガイドボランティアスペシャル講演会「岩崎四代―日本の近代化を背負った男たち―」

(1) 日時

 平成26年11月15日(土曜)15時00分~16時30分

(2) 場所

 洋館1階

(3) 内容

 三菱創業者・岩崎彌太郎、二代社長・彌之助(彌太郎の弟)、三代社長・久彌(彌太郎の長男)、四代社長・小彌太(彌之助の長男)の生涯と日本の近代化に果たした業績を紐解きます。

(4) 講師

 ガイドボランティア「茅町コンドル会」会員

(5) 参加費

 無料(入園料別途)

(6) 定員

 80名

(7) 参加方法

 当日自由参加・先着順

旧岩崎邸庭園について

 国指定重要文化財。三菱財閥創設者岩崎彌太郎の長男で、第3代社長の岩崎久彌の邸宅として、明治29(1896)年に竣工しました。往時は15,000坪の敷地に、20棟以上の建物が立ち並んでいましたが、現在は3分の1の敷地面積となり、ジョサイア・コンドル設計の洋館と撞球室、名棟梁大河喜十郎が手がけた和館大広間の3棟が残っています。

  • 開園時間
    9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)
    ※ゴールデンウィーク期間中は9時00分~18時00分(最終入園17時30分)
  • 休園日
    12月29日~1月1日
  • 住所
    台東区池之端1-3-45
  • 交通
    東京メトロ千代田線 湯島駅下車 徒歩3分
    東京メトロ銀座線 上野広小路駅下車 徒歩10分
    都営大江戸線 上野御徒町駅下車 徒歩10分
    JR 御徒町駅下車 徒歩15分
    ※駐車場はございません。
  • 入園料
    一般 400円 65歳以上 200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
    ※10月1日(水曜)は「都民の日」で無料
  • 問い合わせ先
    旧岩崎邸庭園サービスセンター 電話:03-3823-8340
  • 庭園ガイド
    毎日11時00分・14時00分(各回約45分)集合:洋館前(雨天時は洋館内に変更)
    参加費:無料
  • 撞球室特別ガイド
    毎月第1木曜日 10時30分(約60分)集合:洋館前(雨天時は洋館内に変更)
    先着20名※当日9時00分から入園券売場で整理券を配布。
    参加費:無料
  • 英語ガイド
    毎月第1土曜日 14時00分(約45分)※荒天・雨天時中止の場合あり
    集合:洋館前(雨天時は洋館内に変更)参加費:無料

交通案内

画像

園内マップ

画像

※『個人情報の取扱について』
 お申込みの際にいただいた個人情報につきましては、当イベントに関わるご案内のみに使用します。また、お預かりした個人情報は、その保護について万全を期すとともに、ご本人の同意なしに第三者に開示または提供いたしません。ただし、法令等により開示を求められた場合を除きます。

問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る