トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 8月 > 向島百花園 創設210周年 講演会等を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2014年8月27日  建設局

向島百花園 創設210周年
江戸の粋 草庭に咲き誇る町人文化
「隅田川焼」講演会、「隅田川焼」展示会、秋の楽焼体験などを開催

画像画像
11月の園内の様子隅田川焼

 向島百花園は、文化元年(1804年)頃、佐原鞠塢(さはらきくう)により開かれ、今年で創設210周年を迎えます。
 元商人で一庶民であった鞠塢が、当時の一流の文人たちとの交流によって造り上げた花園は、広く江戸期の町民に愛され、現在も都民の憩いの園として親しまれています。当催しを通してその足跡に触れ、今日の向島百花園を「見て」、「知って」、「体験して」お楽しみください。

1 開催期間

 平成26年10月25日(土曜)~11月9日(日曜)
 9時00分から17時00分(最終入園は16時30分まで)

隅田川焼とは

 「隅田川焼」は、当園の創設者佐原鞠塢が隅田川周辺の土を使って楽焼を始め、隅(角)田川焼と名付けたことから始まりました。以後5代にわたり継承されましたが、1945年の東京大空襲で窯が焼失し、その後は途絶えてしまいました。現在の楽焼体験はその歴史や文化を伝えるために、当時の形式の一部を再現して行っています。

2 内容

(1) 『隅田川焼』講演会

  • 日時
    平成26年11月2日(日曜)10時30分~12時00分
  • 場所
    御成座敷
  • 内容
    向島百花園と隅田川焼の歴史や、文化について講演します。
    講演後は展示中の隅田川焼について解説します。
  • 講師
    松島茂氏(墨田区文化財調査員)
  • 参加費
    無料(入園料別途)
  • 定員
    35名(事前申込制)
  • 申込方法
    往復はがきに下記事項を記入の上、お申し込みください。1枚につき2名までお申込いただけます。
    1) 参加希望者それぞれの氏名・住所・電話番号
    2) 代表者氏名
    3) 返信欄に返信先の住所・氏名をご記入ください。
    【申込先】 〒131‐0032 墨田区東向島3‐18‐3
    向島百花園 隅田川焼講演会 係
    ※申込多数の場合は抽選となります。
    ※結果は申込者全員に通知いたします。
  • 申込締切
    平成26年10月10日(金曜)消印有効
  • 協力
    應後大吾(おうごだいご)氏(墨田区古伊万里資料館館長)

(2) 『隅田川焼』展示会

  • 日時 平成26年11月1日(土曜)~11月9日(日曜)
  • 場所 御成座敷
  • 内容 隅田川焼の展示を行います。

(3) 職員と楽しむ向島百花園

画像
11月にみられる植物(フジバカマ)
  • 日時 平成26年10月25日(土曜)10時00分~11時00分 ※荒天中止
  • 場所 サービスセンター前集合
  • 内容 職員が向島百花園ならではの草花や庭園風景の楽しみ方をご紹介します。園内の案内のほか、植物の特性を生かした体験にも挑戦いただけます。
  • 定員 25名(当日先着順)

(4) センター長と歩く向島百花園

  • 日時 平成26年11月8日(土曜)10時00分~11時00分※荒天中止
  • 場所 サービスセンター前集合
  • 内容 サービスセンター長による向島百花園210年の歴史や文化、百花園ならではの魅力についての解説を聞きながら、庭園内を巡ります。
  • 定員 25名(当日先着順)

(5)ガイドボランティアによる特別庭園ガイド

  • 日時 平成26年10月25日(土曜)、26日(日曜)、11月1日(土曜)、2日(日曜)、3日(月曜・祝日)、8日(土曜)、9日(日曜)各日11時00分、14時00分(各回約60分)※雨天中止
  • 場所 サービスセンター前集合
  • 内容 向島百花園の庭園ガイドボランティアによる庭園ガイドと、隅田川焼について解説を行います。※11月1日、2日、3日はガイドボランティアが着物でガイドを行います。
  • 定員 各回30名(当日先着順)

(6) 秋の楽焼体験

画像
過去の楽焼体験の作品
  • 日時 平成26年11月1日(土曜)~11月3日(月曜・祝日)各日10時00分~15時00分
  • 場所 福禄寿尊堂(ふくろくじゅそんどう)
  • 講師 長谷川剛(つよし)氏(陶芸家)
  • 内容 楽焼の絵付けを体験いただけます。現存する資料をもとに、かつて園内で行われていた隅田川焼の当時の形姿を再現した窯を使用し、皆様に描いていただいた作品を焼成します。体験を通して歴史や風情をお楽しみください。
  • 参加費 一作品800円(入園料別途)
    ※作品は当日お持ち帰りいただけます。
    ※焼成に時間を要すため、お待ちいただくことがあります。

向島百花園について

 国指定名勝及び史跡。江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に、骨董商佐原鞠塢(さはらきくう)が、交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、花の咲く草花鑑賞を中心とした民営花園として開園しました。開園当初は360本のウメが主体で、亀戸の梅屋敷に対して「新梅屋敷」と呼ばれたほどでした。
 その後、詩経や万葉集など中国・日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようになりました。百花園の名称は「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとされます。

  • 開園時間
    9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)
  • 休園日
    12月29日~1月3日
  • 住所
    墨田区東向島3-18-3
  • 交通
    東武スカイツリーライン 東向島駅下車 徒歩8分
    京成電鉄押上線 京成曳舟駅下車 徒歩13分
    都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車 徒歩3分
    ※駐車場はございません。
  • 入園料
    一般 150円 65歳以上 70円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
  • 問い合わせ先
    向島百花園サービスセンター 電話:03-3611-8705
  • 庭園ガイド
    土曜日・日曜日 11時00分・14時00分(各回30分程度)
    集合:サービスセンター裏 参加費:無料

アクセス

画像

園内マップ

画像

※『個人情報の取扱いについて』
 お申し込みの際に頂いた個人情報につきましては、イベントに関わるご案内等のみに使用します。また、お預かりした個人情報は、その保護について万全を期すとともに、ご本人の同意なしに第三者に開示提供することはございません。但し、法令等により開示を求められた場合を除きます。

問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る