トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 8月 > 企画展示 ユネスコ無形文化遺産『和食』の世界

ここから本文です。

報道発表資料  2014年8月20日  建設局

都立多摩図書館「東京マガジンバンク」企画展示 東京オリンピック50周年記念事業
ユネスコ無形文化遺産『和食』の世界
―雑誌が伝える食文化の伝統―

 「東京マガジンバンク」では、時代の社会情勢や社会心理、世相などを映し出した雑誌を主役とした企画展示など、様々な切り口で雑誌に関する情報を発信しています。
 今回はユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」を取り上げます。「和食」は「料理」のみならず「自然の尊重という日本人の精神を体現した食に関する社会的慣習」であると評価されました。暮らしを彩る日本の「食」の世界を東京マガジンバンクが所蔵する雑誌により紹介します。また、会期中に関連映画会も開催します。

1 開催日時

 平成26年9月5日(金曜日)~11月3日(月曜日・祝日)
 休館日 10月2日(木曜日)、19日(日曜日)
 午前9時30分から午後7時00分まで(土曜日、日曜日、祝日は午後5時00分まで)

2 内容 括弧内は主な展示雑誌

(1) 風土が育む日本各地の食文化

 日本地図上で地域ごとに各地の特色ある食文化を紹介します。
 (「江戸楽」「KURA」など)

(2) 自然や四季の移ろいを表現する日本料理の美

 日本料理専門雑誌で目から楽しむ日本料理の美を紹介します。
 (「日本料理の四季」「月刊日本料理」など)

(3) 正月や年中行事など家族、地域の絆をつなぐ和食

 和食の基本知識、日本の正月料理及び行事食などを紹介します。
 (「vesta」「栄養と料理」「婦人之友」「食べもの文化」など)
※公益財団法人味の素食の文化センターの協力により、昭和初期の普段の食事の再現模型を展示します。

(4) ユネスコ無形文化遺産の世界の食

 ユネスコ無形文化遺産に登録されている「フランスの美食術」や「トルココーヒーの文化と伝統」など世界の食を紹介します。
 (「季刊民族学」「CREA Traveller」「週刊朝日百科世界の食べもの」など)

3 関連映画会「観る 聴く 感じる 日本の食文化」

 日本料理や和菓子など「食」をテーマとする映画会を行います。

  • 日時 平成26年10月12日(日曜日)午前10時00分から午後4時20分まで(予定)
  • 会場 東京都多摩教育センターホール(入場無料)
  • 上映作品 シリーズ「日本の食文化」1~5、「二郎は鮨の夢を見る」ほか
  • 定員 600名(申込不要)

4 場所

 東京都立多摩図書館 (入場無料)

  • 所在地
    東京都立川市錦町6-3-1(多摩教育センター内)
  • 最寄り駅
    JR南武線 西国立駅 徒歩10分
    JR中央線 立川駅南口 徒歩20分

※別紙 ユネスコ無形文化遺産「和食の世界―雑誌が伝える食文化の伝統―」チラシ(PDF形式:444KB)
※別紙 関連映画会「観る 聴く 感じる 日本の食文化」チラシ(PDF形式:1.13MB)

問い合わせ先
東京都立多摩図書館
 電話 042-524-7186

ページの先頭へ戻る