ここから本文です。

報道発表資料  2014年8月26日  水道局

仙台市水道局との合同訓練について

 東京都水道局では、大規模災害の発生に備え、全国の政令指定都市などと「19大都市水道局災害相互応援に関する覚書」及び「同実施細目」(以下「覚書等」という。)を締結しています。
 覚書等において、東京都水道局と仙台市水道局は、相互に応援幹事都市となっており、災害発生時に備え、2年に1回交互に合同訓練を実施しています。
 このたび、東京都水道局と仙台市水道局の合同訓練を、東京都・杉並区合同総合防災訓練において、下記のとおり実施しますので、お知らせします。

1 日時

 平成26年8月30日(土曜)9時00分から12時00分まで

2 場所

 和田堀公園競技場南側(杉並区大宮二丁目26番)[別紙(PDF形式:115KB)参照]

3 訓練内容

 仙台市水道局から給水車の派遣を受けた応急給水訓練(都立高校と連携した応急給水訓練を含む。)

4 その他

 東京都水道局では、仙台市との合同訓練のほかに、漏水管の応急復旧訓練(10時15分から10時30分まで)、震災対策用応急給水槽の施設公開(9時45分から11時30分まで)等を実施しております。(会場はすべて和田堀公園内)

〔参考〕「19大都市水道局災害相互応援に関する覚書」について
 水道事業に関し、大都市において災害が発生した際、友愛的精神に基づいて相互に応援するものとし、その円滑かつ迅速な実施を図り、また、恒久の相互応援の基礎とするため、飲料水の供給、施設の応急復旧等に必要な資器材の提供等を目的として、締結されているもの。
 現在、札幌市、仙台市、さいたま市、川崎市、横浜市、新潟市、静岡市、浜松市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市及び東京都が加盟している。

問い合わせ先
水道局総務部総務課
 電話 03-5320-6313

ページの先頭へ戻る