トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 8月 > ものづくり企業グループ高度化支援事業 支援対象決定

ここから本文です。

報道発表資料  2014年8月4日  産業労働局

平成26年度新規事業
「ものづくり企業グループ高度化支援事業」
支援対象グループが決定!

 東京都は、(公財)東京都中小企業振興公社と連携して、成長分野への参入や海外展開を目指して、開発・生産・販路開拓を行い、基盤技術の高度化に共同で取り組む中小企業グループを支援する「ものづくり企業グループ高度化支援事業」を実施しています。

 このたび、平成26年度の支援対象グループを選定しましたのでお知らせします。

 今回の募集では、3グループ(10社)から申請があり、その中から2グループ(6社)を選定しました。選定されたグループには、今後最長3年にわたり共同事業に要する経費を助成するほか、経営の専門家等を派遣し、グループの共同事業をきめ細かくサポートしていきます。

支援対象グループの概要

グループ名(50音順) 概要
加飾成形プロジェクト
【代表企業】
昭英化学株式会社(豊島区)
【構成企業数】3
【共同事業テーマ】
塗装・メッキに代わる新技術:樹脂シート印刷加飾と成形技術開発
【内容】
「樹脂シートの印刷・箔押・真空蒸着等による加飾と複数の成形技術の組み合わせによる3次元加飾成形技術」を開発し、多品種小ロット対応の試作開発・生産技術を確立する。開発した技術により顧客ニーズに迅速に対応し、自動車・家電・住宅設備など広範な分野での実用化、事業化を図るとともに、製造過程での有害物質の発生を抑え、環境にやさしい製品作りを目指す。
【事業計画期間】
平成26年8月~平成28年3月
蒸気発生器開発グループ
【代表企業】
株式会社環境エネルギー研究所(町田市)
【構成企業数】3
【共同事業テーマ】
IH技術を活用した「サウナ向け蒸気発生器」の開発と販売体制の構築
【内容】
超音波振動によるミスト(霧状の水)を熱変換効率の高いIHヒーターで加熱し、加温・冷却ミストも出せることを特徴とする蒸気発生器を開発する。超音波加湿技術とIHヒーター技術を組み合わせることにより、従来の加熱式の蒸気発生器よりも加熱効率の高い、省電力でコンパクトな家庭用サウナ向け蒸気発生器の製造、販売を目指す。
【事業計画期間】
平成26年8月~平成28年1月

問い合わせ先
(制度全般に関すること)
産業労働局商工部地域産業振興課
 電話 03-5320-4748
(採択グループ・助成金に関すること)
公益財団法人東京都中小企業振興公社企画管理部助成課
 電話 03-3251-7895

〔参考資料〕

ものづくり企業グループ高度化支援事業

事業の考え方

 企業活動のグローバル化が進展する中、ものづくり基盤を支える中小企業に求められる技術水準は、より高度化する傾向にあります。こうした状況に対応するためには、市場動向を踏まえながら、自らの強みを活かした高付加価値化に積極的にチャレンジすることが重要です。また、企業単独ではなく、グループで取り組むことにより、各企業が持つ強みの相乗効果や効率的な事業運営が期待されます。
 公社では、平成26年度から「ものづくり企業グループ高度化支援事業」を新たに開始しております。
 本事業では、中小企業グループが成長分野への参入や海外展開を目指し、新たな製品の開発・生産・販路開拓を行うことにより、グループ内企業の技術の高度化に挑戦する取組を応援します。具体的には、試作品の開発や設備投資、販路開拓などに要する経費の一部を助成します。

画像

選定されたグループへの支援

共同事業に係る経費の助成

  • 助成期間3年以内、助成限度額5,000万円、助成率2分の1以内
  • 助成対象経費:開発・生産体制強化のために必要なシステム開発費用、技術力強化を目的とした共同設備購入費用、営業体制強化のためのマーケティング費用、知財費用、販路開拓費用 等

事業推進チームの派遣

  • プロジェクトマネージャー及び各分野の専門家から成る「事業推進チーム」をグループに派遣し、共同事業の進行管理や運営を継続的にサポート

画像

ページの先頭へ戻る