ここから本文です。

報道発表資料  2014年7月30日  生活文化局

最大176円分不足の商品も!
夏期商品量目立入検査結果

 東京都計量検定所は、商品の内容量が、その表記どおり適正に計量されているかを確認するため、「夏期商品量目立入検査」を実施しました。

1 検査結果の概要

(1) 実施期間

 平成26年6月4日(水曜)~7月8日(火曜) 延べ22日間

(2) 検査事業所(表-1、表-2 別紙)

 検査事業所 180事業所
 うち不適正事業所※1 10事業所 (5.6%)
 昨年同時期と比較して減少(図-1)

不適正事業所率及び不適正商品率の推移(図-1)
画像

(3) 検査商品(表-1、表-3 別紙)

 検査商品 8,115点
 うち不適正商品※2 82点 (1.0%)

  • 部門別では野菜類が多い(1.9% 表-4 別紙)
  • 魚介類に176円分(金額換算)の内容量が不足している商品があった(表-5 別紙)

(4) 不適正の原因(図-2)

 ア 風袋※3を商品の内容量に含める計量ミス 62.2%
 イ 水分の蒸発等による自然減量 28.0%
 ウ その他(ラベルの貼り間違い等) 9.8%

不適正原因の内訳(図-2)
画像

 【欄外注釈】
※1:不適正事業所とは、不適正商品率が5%を超える事業所
※2:不適正商品とは、計量法に定める許容誤差を超える商品
※3:風袋とは、容器・包装及び添え物(わさび・タレの小袋等)の総称

2 事業者への対応

(1) 再計量の指示等

 計量法違反となる不適正商品については、計量上の問題点を説明し、再計量を指示しました。
 また、計量業務に携わる従業員への教育を徹底するよう指導しました。

(2) 改善措置

 不適正商品が全検査数の5%を超える事業所は、必要に応じて再度改善状況の確認を行います。
 改善されていない場合には、「改善勧告」、「不適正状況の公表」、「改善命令」などの計量法に基づく措置を行います。

問い合わせ先
東京都計量検定所検査課
 電話 03-5617-6637

〔別紙〕

表-1 業態別結果

下段括弧内の数値は、前年同期の検査結果
業態別区分 事業所 商品
検査数 不適正 不適正 検査数 不適正 不適正
事業所数 事業所率 商品数 商品率
(件) (件) (%) (点) (点) (%)
スーパーマーケット 適正計量管理事業所※4 5 0 0.0 248 1 1.4
(22) (0) (0.0) (930) (0.0) (0.0)
その他 売り場面積300平方メートル以上 142 8 5.6 6,922 74 1.1
(149) (12) (8.1) (7,198) (81) (1.1)
売り場面積300平方メートル未満 19 2 10.5 621 7 1.1
(14) (1) (7.1) (568) (9) (1.6)
小計 161 10 6.2 7,543 81 1.1
(163) (13) (8.0) (7,766) (90) (1.2)
166 10 6.0 7,791 82 1.1
(185) (13) (7.0) (8,696) (90) (1.0)
一般小売店 3 0 0.0 42 0 0.0
(27) (2) (7.4) (276) (7) (2.5)
食品製造所※5 11 0 0.0 282 0 0.0
(9) (0) (0.0) (138) (0) (0.0)
合計 180 10 5.6 8,115 82 1.0
(221) (15) (6.8) (9,110) (97) (1.1)

※4 適正計量管理事業所とは、自主的な計量管理に努めている事業所として都道府県知事が指定した事業所のこと。
※5 食品製造所とは、食品を製造し計量してパックしている事業所のこと。

表-2 検査事業所

事業所の判定
(不適正商品率)
適正
0%
一部不適正
(5%以下)
不適正事業所
(5%超え)
合計
事業所数 146 24 10   180
5%超え10%以下 9
10%超え 1
全検査事業所に対する割合 81.1% 13.3% 5.6%   100.0%
5%超え10%以下 5.0%
10%超え 0.6%

表-3 検査商品の判定結果

判定結果 適正商品 不適正商品 合計
誤差率-10%以下 誤差率-10%超え
検査商品数 8,033 63 19 82 8,115
構成比 99.0% 0.8% 0.2% 1.0% 100.0%

表-4 検査商品の部門別内訳

部門 食肉類 魚介類 野菜類 総菜類 その他 合計
検査商品数 2,224 2,313 1,876 1,481 221 8,115
不適正商品数 7 26 36 13 0 82
不適正商品率 0.3% 1.1% 1.9% 0.9% 0.0% 1.0%
前年同期の結果 0.0% 0.6% 2.4% 1.8% 0.0% 1.1%

表-5 不足商品(損失金額)ワースト5

順位 商品名 表記量 実量 誤差量 売価 損失金額※6 不適正原因
1 真鯛刺身(さび入) 156グラム 130グラム 26グラム 1,060 176円 粗雑な計量
2 大和芋 417グラム 329グラム 88グラム 417 88円 粗雑な計量
3 もうかさめ※7 273グラム 228グラム 45グラム 324 53円 ラベル貼り違い
4 えびのフリッター(タルタルソース入) 91グラム 78グラム 13グラム 336 48円 風袋量(添え物)
5 ボイルいか(酢みそ入) 117グラム 93グラム 24グラム 232 47円 風袋量(添え物)

※6 損失金額は税抜金額である。
※7 「もうかさめ」とはネズミザメの切り身であり、煮つけ等にて食される。

ページの先頭へ戻る