トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 7月 > 2014年夏季一時金要求・妥結状況について(最終集計)

ここから本文です。

報道発表資料  2014年7月28日  産業労働局

2014年夏季一時金要求・妥結状況について
(平成26年7月24日現在・最終集計)

 東京都は、毎年、都内の1,000の労働組合を対象に、夏季一時金要求・妥結状況を調査しております。
 このたび最終集計結果(平成26年7月24日現在)がまとまりましたのでお知らせします。

最終調査結果の特徴(平成26年7月24日現在)

都内民間労組の夏のボーナス
平均妥結額714,859円、対前年比3.07%増

  • 調査対象1,000組合のうち、妥結した労働組合は、604組合でした。そのうち、集計可能な587組合の平均妥結額は714,859円で、平均賃金(315,708円・39.1歳)の2.26ヵ月分に相当します。同一労組の前年妥結額(693,537円)と比較すると、金額で21,322円、率で3.07%上回っています。
  • 産業別・業種別妥結金額の分析対象(5組合以上)となった29業種のうち、対前年比が最も高かったのは「鉄鋼業(25.14%)」、以下「金属製品(19.37%)」、「窯業・土石製品(16.30%)」となっています。一方、対前年比が最も低かったのは、「医療、福祉(-3.87%)」、次いで「卸売・小売業(-2.07%)」、「学術研究、専門・技術サービス業(-1.05%)」となっています。

平均要求額769,314円、対前年比2.37%増

  • 今回の調査で要求を提出した労働組合は、全体で659組合でした。そのうち、集計可能な637組合の平均要求額は769,314円で、平均賃金(315,318円・39.1歳)の2.44ヵ月分に相当し、同一労組の前年要求額(751,513円)と比較すると、金額で17,801円、率で2.37%上回っています。

TOKYOはたらくネットホームページ

※資料1 調査の概要
※資料2 要求状況(加重平均)
※資料3 妥結状況(加重平均)
※資料4 過去10年間の要求・妥結結果

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部労働環境課
 電話 03-5320-4647

ページの先頭へ戻る