ここから本文です。

報道発表資料  2014年7月28日  福祉保健局

認知症シンポジウム
「認知症の人にやさしいまち 東京を目指して」を開催します!

 東京都は、認知症に対する正しい理解の促進のため、毎年9月にシンポジウムを開催しています。
 平成19年度から「世界アルツハイマーデー」を記念し開催しているシンポジウムも、今年度で第8回目となりました。
 今回は、「認知症の人にやさしいまち 東京を目指して」をテーマに、認知症の基礎知識や早期発見・受診の重要性を学ぶとともに、認知症の人にやさしい地域体制づくりについて考えていきます。

1 開催日時

 平成26年9月25日(木曜日) 午後1時30分から午後5時00分まで(午後0時30分開場)

2 開催場所

 よみうりホール(東京都千代田区有楽町一丁目11番1号読売会館7階)

3 定員

 1000名

4 内容

(1) 第1部 基調講演

  • テーマ 「認知症とともに,幸せに生きる」
  • 講師 粟田主一氏 東京都健康長寿医療センター研究所 研究部長

(2) 第2部 パネルディスカッション

  • テーマ 「認知症の人にやさしいまちとは」
  • コーディネーター
    粟田主一氏 東京都健康長寿医療センター研究所 研究部長
  • パネリスト
    高瀬義昌氏 医療法人社団至高会たかせクリニック 院長
    今泉靖徳氏 八王子市シルバーふらっと相談室館ヶ丘 室長
    干場功氏 若年認知症家族会彩星の会 顧問
    堂本敏雄氏 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会 セーフティステーション活動推進委員会 委員長
    (株式会社セブン-イレブン・ジャパン 渉外部マネジャー)
    (調整中) 町田市いきいき健康部高齢者福祉課

5 その他

 参加を希望する方は平成26年8月29日(金曜日)までに、往復はがきかファクスに、氏名(ふりがな)・住所・年齢・職業・電話番号・ファクス番号を明記のうえ、下記申込先までお送りください。なお、応募多数の場合は抽選となります。

 申込先:認知症シンポジウム事務局【問い合わせ 電話:042-377-1187】
 住所:〒206-0802 稲城市東長沼1210-1
 ファクス:042-377-1149

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
 電話 03-5320-4276

〔参考〕

「世界アルツハイマーデー」について

 9月21日は「世界アルツハイマーデー」です。国際アルツハイマー病協会が1994年のこの日、英国エジンバラで開催した第10回国際会議を機に、世界保健機関(WHO)の後援を受けて「記念日」として宣言しました。 毎年、世界の70以上の国と地域で、認知症の患者さんを抱える家族団体などが、疾病に関する理解の向上を図ったり、患者さんや介護者の方々を支援したりする活動が展開されています。

会場案内図

 よみうりホール(東京都千代田区有楽町一丁目11番1号読売会館7階)

最寄り駅

 JR山手線または京浜東北線有楽町駅国際フォーラム口よりすぐ
 東京メトロ有楽町線有楽町駅D4、D6出口
 東京メトロ日比谷線または千代田線日比谷駅A2出口から徒歩3分
 東京メトロ銀座線または丸の内線銀座駅C9出口から徒歩5分
 都営地下鉄三田線日比谷駅D4、D6出口

画像

ページの先頭へ戻る