トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 7月 > 介護の日 「介護のコト体験フェア」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2014年7月17日  福祉保健局

介護のコト体験フェア
もっと楽しく 福祉のシゴト

 東京都は、11月11日の「介護の日」にちなみ、誰もが介護や福祉の仕事に親しみを持っていただけるよう、「介護のコト体験フェア」を開催します。
 当日は、各コーナーでプロの介護技術を体験できるほか、若手職員によるシンポジウムなど、中・高校生の方も楽しめるイベントになっています。是非、ご参加ください。

画像画像

日程

 平成26年11月9日(日曜日) 午前11時00分から午後4時30分まで

会場

 東京国際フォーラム 展示ホール2
 (JR、地下鉄有楽町線 有楽町駅 徒歩1分)

対象者

画像

 介護・福祉の仕事に興味・関心がある方(学生など)、
 介護問題に興味・関心がある方、在宅で介護をしている方


入場料等

 入場無料、事前申込不要

内容

プロのワザを体験できるWonderland!

 「腰を痛めない介護のポイント」
 「リフレッシュできる足浴のポイント」
 「認知症のリハビリと介護について」 外

介護のコトを聞ける・見られるWonderland!

 シンポジウム「“働きたいが見つかる”センパイたちの本音トーク」
 公開座談会「わたしNEXT~どうなりたい?10年後の私、30年後の私」
 映画「毎日がアルツハイマー2」監督関口祐加氏による講演会 外

福祉の仕事や介護の悩みなどに関する相談コーナー

 資格取得・進路・就職のコト、家庭での介護のコトなど、テーマに分けて相談コーナーを設置

高齢者福祉研究大会 福祉保健局長賞の表彰式と演題発表

※「介護の日」とは・・
 高齢化等によって介護が必要な人が増加する中、介護に関わる課題は多様化しています。「介護の日」は、多くの方に、介護を身近なものとして捉えてもらい、それぞれの立場で介護を考え、関わってもらうことを目的に定められたものです。

「2020年の東京」へのアクションプログラム2013
本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標6 「少子高齢社会における都市モデルを構築し、世界に範を示す」
 施策15「高齢者の多様なニーズに対応した社会システムを構築する」

問い合わせ先
福祉保健局生活福祉部地域福祉推進課
 電話 03-5320-4049
東京都福祉人材センター
 電話 03-5211-2860

ページの先頭へ戻る