ここから本文です。

報道発表資料  2014年7月10日  建設局

創設210周年
向島百花園 秋の催し

 四季折々うつろいゆく草花が彩る向島百花園で、深まりゆく秋を感じてみませんか。
 当園で名物となっている萩のトンネルをはじめ秋の七草などを愛でる「萩まつり」。そして古くから中秋の十五夜と対で、旧暦の九月十三日に行われていた「十三夜」の観月会も実施いたします。
 江戸から続く文化や風情を、ぜひお楽しみください。

1.萩まつり

 ※詳細はこちら

2.十三夜

 ※詳細はこちら

向島百花園について

 国指定名勝及び史跡。江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に、骨董商佐原鞠塢(さはらきくう)が、交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、花の咲く草花鑑賞を中心とした民営花園として開園しました。開園当初は360本のウメが主体で、亀戸の梅屋敷に対して「新梅屋敷」と呼ばれたほどでした。
 その後、詩経や万葉集など中国・日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようになりました。百花園の名称は「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとされます。

開園時間

 9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)
 ※9月27日(土曜)、28日(日曜)、10月4日(土曜)、5日(日曜)、6日(月曜)は9時00分~21時00分
 (最終入園は20時30分)

休園日

 12月29日~1月3日

住所

 墨田区東向島3-18-3

交通

 東武スカイツリーライン 東向島駅下車 徒歩8分
 京成電鉄押上線 京成曳舟駅下車 徒歩13分
 都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車 徒歩3分
※駐車場はございません。

入園料

 一般 150円 65歳以上 70円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

問い合わせ先

 向島百花園サービスセンター 電話:03-3611-8705

庭園ガイド

 土曜日・日曜日 11時00分・14時00分(各回30分程度)
 集合:サービスセンター裏 参加費:無料

アクセス

画像

園内マップ

画像
問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る