トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 7月 > 「若手芸人」が悪質商法被害防止を呼びかけ

ここから本文です。

報道発表資料  2014年7月31日  生活文化局

「若手芸人」が悪質商法被害防止を呼びかけます!
今年度は「池袋サンシャインシティ噴水広場」で大キャンペーン!

 最近、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をきっかけとした若者を狙った消費者被害の事例が増加しており、より一層の対策が急務となっています。
 そこで、若者の消費者被害を防止するため、若手芸人を支援するウェブサイト「芸人ラボ」とタイアップし、悪質商法をテーマに芸人が作った漫才・コント等をネット動画で公開する取組を昨年度に引き続き、実施します。
 今年度は、「大学公認お笑いサークル所属学生芸人」の参加、「池袋サンシャインシティ噴水広場での公開収録」など、いちだんとパワーアップして展開します。

実施内容・スケジュール

平成26年8月から 若手芸人により漫才・コント等制作(お題「悪質商法」)

 大学公認お笑いサークル所属の学生芸人が初挑戦!

平成26年12月 サンシャインシティ噴水広場での公開収録(ネット動画用)

 若者に人気の池袋エリアで開催。悪質商法被害防止キャンペーンキャラクター「ボク、カモかも・・・。」「オレ、サギだもん」の着ぐるみも登場。
 さらに、豊島区広報イメージキャラクター「としまななまる」、東京都水道局マスコットキャラクター「水滴くん」もやってきて、賑やかに消費者被害防止をアピール!

画像画像画像
  としまななまる 水滴くん

平成27年1月から ウェブサイト「芸人ラボ」で動画を公開!

 【若者向け悪質商法被害防止キャンペーン】と連動してインターネットで悪質商法被害防止を呼びかけます。東京都がウェブサイト「芸人ラボ」をジャック!

※公開収録の開催日時等、詳細が決まり次第おしらせします。

画像
「芸人ラボ」とは?(運営:株式会社グラブス)

 月1回、特定のお題が決められ、若手芸人たちがネット動画で漫才・コント等を披露し、「おもしろい!」と感じた一般の人から支援金を募る芸人支援サイト。
 ホームページ:http://gein.in

〔別紙〕

参考

 「芸人ラボ」とのタイアップトップ画面イメージ

画像

若者の被害事例

 これらの事例を参考に、若手芸人が漫才・コント等をつくります!

  • 駅前で「無料ネイルを!」と声をかけられ、店に案内された。アンケートに答えたら、「このままでは歳をとってから肌が大変。うちは大手美顔エステの業者に化粧品を卸しているから」と勧められ、30万円の化粧品購入の契約をした。【キャッチセールス】
  • SNSがきっかけとなり「食事に行こう」などと誘い出され、高額なオイルマッサージの契約をさせられた。【アポイントメントセールス】
  • いい話があると大学の先輩に誘われ喫茶店に行ったら、投資用教材DVDの販売の話だった。60万円と言われ、高額でお金がないと断ったが、この教材を使えば簡単に儲かると言われ、教えられたとおり学生ローンで定期収入があると嘘をついて借金をして支払った。DVDを見たがよくわからず儲からない。友達を一人紹介すれば10万円のマージンがもらえると言われたが、紹介できない。返金して欲しい。【マルチ商法】
  • スマートフォンのバナー広告からアダルトサイトにアクセスした。無料動画とあったので年齢認証を選択し、動画を見るためアプリをダウンロードしたら有料登録になった。携帯電話番号、メールアドレス、現在位置情報が表示され、 9万9,800円の請求画面が消えなくなった。【架空請求】

問い合わせ先
消費生活総合センター活動推進課
 電話 03-6228-1331

ページの先頭へ戻る