トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 7月 > 26年度 東京都・杉並区合同総合防災訓練を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2014年7月29日  総務局

平成26年度 東京都・杉並区合同総合防災訓練の実施について

 東京都は、杉並区と合同で下記のとおり総合防災訓練を実施いたしますので、お知らせします。
 なお、本訓練は、九都県市合同防災訓練の東京都会場としても実施します。

1 訓練概要

訓練名 平成26年度東京都・杉並区合同総合防災訓練
目的 震災時における都、区、各防災機関との連携の強化及び自助・共助に基づく地域防災力の向上を図るため、実践的な訓練を実施する。
実施日時 平成26年8月30日(土曜)午前9時00分から正午まで
想定地震 東京湾北部地震(マグニチュード7.3)
主な会場 都立和田堀公園及び周辺地域、高円寺北地区(馬橋公園周辺)、晴海地区など
特徴
  1. 木造住宅密集地域での火災発生など、地域の被害特性に対応した訓練
    ○家屋倒壊を想定した救出救助訓練
    ○実際の街区を活用した地域住民による初期消火、救出救助訓練
  2. 臨海部における救出救助活動拠点等の設置運営訓練

2 主な訓練実施内容

1) 地域の被害特性に対応した訓練
都立和田堀公園及び周辺地域 ○木密地域での火災や家屋倒壊を想定し、警察・消防・自衛隊等の防災機関、アジアの消防隊(ソウル、台北)が連携した、被害状況等を事前に知らせないブラインド型の救出救助訓練
○区内の住民や児童・生徒による消火・応急手当等の体験など
高円寺北地区(区立馬橋公園周辺) ○木造住宅密集地域での災害を想定した、住民避難及び避難所運営
○地域住民と消防団の連携による初期消火及び救出救助、地元警察署や消防署による消火・救出など
桃井原っぱ公園 災害拠点病院、医療救護班、消防団、生徒等が連携した、緊急医療救護所における負傷者のトリアージ等の医療救護活動
区立永福体育館 地域内輸送拠点における区職員やボランティアが連携した支援物資の受入れ及び仕分け
2) 臨海部における救出救助活動拠点等の設置運営訓練
晴海地区 ヘリコプターによる負傷者搬送、医療ユニットや船舶を活用した医療処置の実施など

問い合わせ先
総務局総合防災部防災対策課
 電話 03-5388-2483

ページの先頭へ戻る