トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 7月 > 26年6月の降ひょうによる被災農業者に対する金融支援

ここから本文です。

報道発表資料  2014年7月8日  産業労働局

平成26年6月の降ひょうによる被災農業者に対する金融支援について

 平成26年6月13日及び24日に発生した降ひょうにより、都内の農作物等に大きな被害が発生しています。これを受け東京都では、降ひょうにより被害を受けた農業者の方々に対して、下記のとおり金融支援を行うこととしましたのでお知らせします。

1 資金名

 農業特別対策資金(農業近代化資金)

2 融資制度の概要

資金名 運転資金 施設資金
貸付対象者 平成26年6月13日及び24日の降ひょうによる農業被害を受けた者で、在住する区市町村より農業被害認定証明を受けている農業者
資金使途
  • 農業経営維持のために必要な種苗や肥料、薬剤等の購入費
  • 経営の安定維持に必要な中~長期運転資金 等
  • 農業被害前の当該施設と同程度の施設取得
  • 施設修繕のための資材購入
  • 復旧に併せて行う施設の拡充 等
貸付限度額 200万円 1,000万円
貸付利率 0%(東京都が基準金利相当額を利子補給することにより、無利子とする)
償還期間
(据置期間)
5年
(1年)
15年
(3年)

3 融資率

 80%(認定農業者については100%)

4 融資機関

 JA・東京都信用農業協同組合連合会

5 保証機関

 東京都農業信用基金協会

6 申込方法

 資金の申込方法等の詳細については、最寄のJAまたは東京都信用農業協同組合連合会へお問い合わせ下さい。

7 受付期間

 平成26年7月14日から11月28日まで

<参考> 被害状況(平成26年7月4日現在)

 2区・3市(世田谷区・杉並区・三鷹市・調布市・稲城市)

  1. 農作物への被害 167百万円 (ナシ・ブドウ等の果樹及びナス・エダマメ等の野菜)
  2. 農業施設への被害 3百万円 (ガラスハウス等の破損)

※上記被害状況は現時点で把握できたものであって、確定したものではありません。

問い合わせ先
(融資について)
産業労働局農林水産部調整課
 電話 03-5320-4817
(農業被害について)
産業労働局農林水産部農業振興課
 電話 03-5320-4831

ページの先頭へ戻る