トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 6月 > 企画展「〈もにゅキャラ〉考現学」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2014年6月16日  総務局

本学で推進される学術成果の発信/東京近郊の地域文化創造に関する新たな視点の研究成果を紹介
企画展「《もにゅキャラ》考現学 まちのモニュメントになったマンガ・アニメのキャラクターたち」を開催
平成26年7月17日(木曜)~7月30日(水曜)/ 7月19日(土曜)にはシンポジウムを開催

 首都大学東京「学術成果の都民への発信拠点・組織の形成」研究グループは、企画展「《もにゅキャラ》考現学 まちのモニュメントになったマンガ・アニメのキャラクターたち」を、南大沢キャンパス91年館にて開催します。本研究グループの取り組みとして第5回目となる本企画展では、この21世紀、モニュメント(記念碑)の姿で、まちに増え始めている国民的人気キャラクターたちを〈もにゅキャラ〉と名付けました。展示では、これらの起源をひもとき、現代日本の文化的流行や社会的動向などと照合しながら、メディア文化論的考察とともに紹介します。7月19日(土曜)にはパブリック(公共性)とパブリケーション(出版)をテーマにしたシンポジウムを開催します。

 企画展、シンポジウムとも、観覧・参加費無料、申込不要ですので、ぜひご参加ください。

企画展「《もにゅキャラ》考現学 まちのモニュメントになったマンガ・アニメのキャラクターたち」 概要

会期

 平成26年7月17日(木曜)~7月30日(水曜)11時00分~17時00分 ※会期中無休

会場

 首都大学東京 南大沢キャンパス 91年館(京王相模原線「南大沢駅」徒歩約5分)

その他

 観覧無料

シンポジウム「書物と現実のメディア創生 パブリケーション(出版)とパブリック(公共性)のゆくえ」 概要

日時

 平成26年7月19日(土曜)14時00分~17時00分

会場

 首都大学東京 南大沢キャンパス 91年館 「多目的ホール」

その他

 参加無料、申込不要 ※会場定員100名(先着順)

画像画像画像
サザエさん一家の像こちら葛飾区亀有公園前派出所
・両津勘吉像
機動戦士ガンダム像「大地から」

 企画展及び講演会の詳細は、別紙資料をご覧ください

 別紙1 企画展《もにゅキャラ》考現学まちのモニュメントになったマンガ・アニメのキャラクターたち
 別紙2 シンポジウム 書物と現実のメディア創生 パブリケーション(出版)とパブリック(公共性)のゆくえ

問い合わせ先
首都大学東京91年館学芸員養成課程展示室
 電話 042-677-1111

〔参考〕

会場までのアクセス

交通アクセス

画像

 京王相模原線「南大沢駅」下車徒歩約5分
※一般車両の駐車場はございませんので、公共交通機関にてお越しください。


周辺案内

画像

 南大沢駅改札口を出て右手奥に南大沢キャンパスが見えます。
 正門の手前で左折、130メートル程進むと91年館です。
 大学構内には入らずにお越しいただけます。


 首都大学東京91年館 学芸員養成課程展示室http://www.comp.tmu.ac.jp/gakugei/index.html

研究代表者

 山田昌久(教授 所属:都市教養学部人文社会系歴史・考古学教室)

本企画展責任者

 楠見清(准教授 所属:システムデザイン学部インダストリアルアートコース)

ページの先頭へ戻る