トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 6月 > 東京ウィメンズプラザフォーラム参加企画の募集

ここから本文です。

報道発表資料  2014年6月11日  生活文化局

東京ウィメンズプラザフォーラム 参加企画の募集

 東京ウィメンズプラザフォーラムは、男女平等参画社会の実現に向けて、都民、民間団体が、さまざまな企画を通して交流を深める都民参加型の事業です。
 このたび、ワークショップ・講演会などの参加企画を募集しますので、お知らせします。

1 対象団体

 男女平等参画社会の実現を目指して、都内を拠点として活動し、情報発信や諸問題の解決に役立つ活動などを積極的に行っている民間団体

2 対象企画

 以下のテーマによるワークショップ、シンポジウム等で、フォーラム当日の来場者が誰でも自由に参加できる企画

(1) 女性の活躍推進

 キャリアデザインや女性リーダーの養成、起業、就業継続、再就職支援など、女性が 意欲と能力を十分に発揮していきいきと活躍できるための企画

(2) 「男女平等参画のための東京都行動計画」の重点課題

行動計画の重点課題
  1. 働く場における男女平等参画の促進
  2. 仕事と家庭・地域生活の調和がとれた生活の実現
  3. 特別な配慮を必要とする男女への支援
  4. 配偶者からの暴力の防止(デートDVを含む。)

3 実施日時

 平成26年11月7日(金曜)、8日(土曜)のうち希望する以下の時間帯
(1) 午前(9時00分~13時00分)、(2) 午後(13時00分~17時00分)、(3) 夜間(17時00分~21時00分)

4 開催場所

 東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53―67)

5 募集期間等

 平成26年7月11日(金曜)必着。募集件数は30件程度
 なお、応募多数の場合は、抽選の上、実施希望日時等を勘案して参加企画を決定し、結果を通知します。

※募集案内及び申込書は、東京ウィメンズプラザのホームページからダウンロードできる他、東京ウィメンズプラザ内でも配布しております。

参考 これまで実施された企画例

  • 土木系女子学生向けのキャリアセミナー
  • 起業に向けたセミナー
  • 親子のコミュニケーション講座
  • 大学生によるデートDVに関するワークショップ

問い合わせ先
東京ウィメンズプラザ
 電話 03-5467-1714

〔別紙〕

 [平成25年度 東京ウィメンズプラザフォーラム開催実績]

1 入場者数及び参加団体数

入場者数 2,458人
参加団体数 33団体

2 東京ウィメンズプラザフォーラムで実施された主な企画

企画名 内容 団体
女性のキャリア形成と
メンタリング
女性のキャリア形成及び女性がいきいきと仕事で輝くための具体的な方法論、メンタリングを実践例を交えて紹介する。 一般社団法人
ウィメンズメンターバンク
土木系女子学生のための
キャリアセミナー
~土木の仕事の魅力と私たちの働き方2013~
最近注目を集めている土木系女子「どぼじょ」。どぼじょ歴数年の若手から数十年のベテラン達が、土木の魅力を伝える。 土木技術者女性の会
ワークショップ
「子供の考える力を伸ばすために親ができること」
子供の考える力を伸ばす効果的なコミュニケーションについて、ロールプレイやディスカッションを通して学ぶ。 親業を学ぶ会
「ローズマリー」
パネルディスカッション
「乳児期に本当に必要な子育て支援を考える」
乳児の親にとって本当に必要な支援とは何か。児童養護副施設長、子育て支援センター施設長、産後ケアの専門家とともに考える。 NPO法人マドレボニータ
輝く女性のホントのトコロ
自分サイズの仕事と生き方
会社員、経営者等様々な立場で働く女性が、仕事と家庭の両立のポイントや家族・スタッフなど周囲とのコミュニケーションのコツなどを語る。 キャリア35
3大学協働企画
「大学生によるデートDV討論
~ それぞれの活動紹介を踏まえて~」
早稲田大学、中央大学、明治大学による初のコラボレーション企画。
各大学チームによるDV防止に関する活動報告を踏まえ、デートDVについて討論する。
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター
DVほっとプロジェクト

ページの先頭へ戻る