トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 6月 > 「再チャレンジを目指す若者へ」地域支援シンポジウム

ここから本文です。

報道発表資料  2014年6月5日  青少年・治安対策本部

「再チャレンジを目指す若者へ」地域支援シンポジウム
その一歩が踏み出せない若者に、学校や地域は何ができるのか!

 「再チャレンジを目指す若者へ」地域支援シンポジウムを開催します。
 これは、学校を中途退学するなど行き場のない若者の実情について情報提供するとともに、一歩を踏み出せない若者に対して、早期対応の重要性と支援機関の必要性について理解を図るため開催するものです。都は、今回のシンポジウムを通して、支援機関や支援者と連携を図り、地域における若者の自立の支援体制整備を推進します。

1 日時

 平成26年7月23日(水曜日)
 午後2時00分から午後4時00分まで(午後1時30分受付開始)

 入場無料
 先着100名 ※事前申込

2 会場

 東京都社会福祉保健医療研修センター502教室 ※下記参照
 (東京都文京区小日向四丁目1番6号)

3 対象

  • 学校教育関係の職員(高校・大学、専門学校の教職員等)
  • 公的機関の職員(区市町村、保健機関、就労支援機関等)
  • 民間支援機関の職員等(中途退学者のサポート等に携わる地域の支援者)

4 内容

(1) 講演(午後2時00分から午後3時00分まで)

画像
古賀正義氏

 「若者を社会参加に導く、学校・地域の支援について考える」

 講師 古賀正義(こがまさよし)氏(中央大学文学部教授)


(2) パネルディスカッション(午後3時00分から午後4時00分まで)

 「若者が再チャレンジするために支援できること」

コーディネーター

 古賀正義氏(講演者)

パネリスト
  • 地域若者サポートステーション職員
  • 若者支援NPO職員
  • 高校教職員

5 申込方法

 別添チラシの「参加申込書」に必要事項をご記入の上、ファクスまたは郵送にてお申込みください(平成26年7月11日〈金曜日〉必着)。
 なお、事前申込者優先となりますが、座席に余裕がある場合には、当日受付も行います。

【ファクス番号】 03-5388-1217
【郵送先】 〒163-8001 東京都 青少年・治安対策本部 青少年課 若年者対策係 宛

会場案内

画像

 東京都社会福祉保健医療研修センター502教室
 (東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅より徒歩8分)

  1. 茗荷谷駅出口1より右方向に出ると、春日通りという大きな道路に出ます。
  2. 駅を背にして、この通りを右方向に7~8分進むと、右側に交番があります。
  3. 交番の入っている建物が東京都社会福祉保健医療研修センターです。

※別添 案内チラシ(PDF形式:818KB)

 本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標7:誰もがチャレンジできる社会を創り、世界に羽ばたく人材を輩出する
 施策19:子供たちの知・徳・体を鍛え、次代を担う人材を育成する

※青少年・治安対策本部公式ツイッター https://twitter.com/tocho_aochi

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部青少年課
 電話 03-5388-2257

ページの先頭へ戻る