トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 6月 > 都立中央図書館企画展示「発明・技術」

ここから本文です。

報道発表資料  2014年6月18日  教育庁

東京都立中央図書館企画展示
発明・技術
―夢をかたちにする力―

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて東京が更なる発展を目指している今、発明や技術力への関心が高まっています。
 都立中央図書館企画展示では、社会を動かす力となる発明や技術について、当館所蔵の貴重な資料と実物により多角的に紹介します。現代の精密機械につながる技術といわれる江戸時代のからくりや、発明家でもあったレオナルド・ダ・ヴィンチの手稿(複製)などをご覧いただけます。
 本展示は、新宿駅西口広場での「東京都立図書館特別展示 東京の技術とものづくり」(6月20日から22日まで)の続編として開催します。

1 会期

 平成26年7月4日(金曜日)から平成26年9月3日(水曜日)まで
 午前10時00分から午後5時30分まで
 【休館日 7月18日(金曜日)、8月7日(木曜日)、8月15日(金曜日)】

2 展示内容

夢をかたちにする力

 世界を大きく変える力となった発明や技術、創造した人々について、所蔵資料や写真パネル、年表などで、時代を追って紹介します。

発想から実現へ

 『機巧図彙(きこうずい)』(細川頼直著 寛永7(1797)刊)(特別文庫室所蔵)
 『アランデル手稿』(複製版)(レオナルド・ダ・ヴィンチ著 ジュンティ 1998)
 『遠鏡図説 三才窺管 写真鏡図説(とおめがねずせつ さんさいきかん しゃしんきょうずせつ)』(複製版)(恒和出版 1983)など

日本の技術の変遷

 『機巧図彙』首巻[1]尺時計、首巻[2]掛時計(現代語訳 翻案)(LLP技術史出版会 2010)
 『豊田佐吉傳』(豊田佐吉翁正伝編纂所 1933)
 『発明特許の日本史』(石原藤夫著 栄光出版社 2008)など

技術から見る未来像

 『社会まるごとスマートシステム』(産業技術総合研究所 カナリア書房 2013)
 『科学技術イノベーション総合戦略 新次元日本創造への挑戦』(内閣府編 経済産業調査会 2013)
 『東京2020計画地図』(東京都市計画研究会編 かんき出版 2014)など

技術の体感

 『機巧図彙』から復元した からくり茶運び人形の実演見学や、ロボットでもアニマル・セラピーと同様の効果が得られるパロ(アザラシ型メンタルコミットロボット)の利用体験ができます。

3 会場

 東京都立中央図書館 企画展示室(4階)(入場無料)

所在地

 東京都港区南麻布5-7-13(有栖川宮記念公園内)

最寄り駅

  • 東京メトロ日比谷線 広尾駅(1番出口) 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 徒歩20分
  • 都営バス 橋86系統 愛育病院前 徒歩2分
  • 港区コミュニティバス(ちぃばす)麻布西ルート97 愛育病院 徒歩2分

※別添 チラシ(PDF形式:221KB)

問い合わせ先
東京都立中央図書館
 電話 03-3442-8451

ページの先頭へ戻る