トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 6月 > 宮城県、岩手県、福島県でアートプログラムを展開

ここから本文です。

報道発表資料  2014年6月19日  生活文化局

芸術文化を活用した被災地支援事業
宮城県、岩手県、福島県で被災地支援のアートプログラムを展開

 東京都は、平成23年度より、芸術文化を活用して地域コミュニティの交流の場を作り、被災地の復興を支援する事業を宮城県、岩手県、福島県の3県で継続的に展開しています。
 4年目となる平成26年度について、実施が決まったラインナップをお知らせします。

主なプログラム

※詳細については、別紙「東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業」一覧(PDF形式:180KB)を御覧ください。

「福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo」(福島県)

画像
「学校連携共同ワークショップ」

 3年目となる福島藝術計画では、会津エリアで森林文化をテーマとした「森のはこ舟アートプロジェクト」に新たに取り組み、そのキック・オフ・フォーラムを6月21日(土曜)に開催します。
 また、猪苗代町に6月1日開館したアール・ブリュットの美術館「はじまりの美術館」にてワークショップ等を実施するほか、アーティストが学校で児童・生徒と交流しながら創作活動をする「学校連携共同ワークショップ」など県全域でプログラムを展開します。


「つながる湾プロジェクト」(宮城県塩竈市浦戸諸島周辺地域)

画像
「湾プロジェクト」そらあみ

 塩竈湾周辺地域を中心に昨年度から始まった「つながる湾プロジェクト」では、引き続き地元の人々が地域資源を活用した様々なプログラムを実施することを通し、地域で活動するチームづくりを行っていきます。


芸術文化によるまちづくり人材育成事業「ひょっこりひょうたん塾」(岩手県大槌町)

 地元のシンボルとなる島を資源に、地域復興を担う人材の育成に取り組んできた「ひょっこりひょうたん塾」では、塾で学び育った担い手など地元で活躍する人々や活動を紹介する「ひょうたん塾通信」の発行を通し、地域が主体となったまちづくりの取組を支援していきます。

※最新情報は、「東京文化発信プロジェクト」ウェブサイトでご確認ください。

問い合わせ先
生活文化局文化振興部文化事業課
 電話 03-5320-7703
公益財団法人東京都歴史文化財団東京文化発信プロジェクト室
 電話 03-5638-8800

ページの先頭へ戻る