トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 5月 > 高齢者が活躍する就業モデルを募集します

ここから本文です。

報道発表資料  2014年5月15日  産業労働局

平成26年度 新規事業
高齢者が活躍する就業モデルを募集します!

平成26年5月15日
産業労働局
(公財) 東京しごと財団

 高年齢者雇用安定法の改正により高齢者の雇用延長が図られ、雇用環境は大きな変化を迎えています。60代前半の働く高齢者の多くは、60代後半以降も働き続けたいという強い意欲を持っています。
 こうした働く意欲のある高齢者を活かして事業展開を図る企業・NPO団体等を応援し、高齢者の就業モデルの開拓と拡大に取り組んでいくため、東京都は、公益財団法人東京しごと財団と連携し、新たに「高齢者職域開拓モデル事業」を実施します。

高齢者職域開拓モデル事業とは

 創業や新規事業、業務拡大などの実施にあたり、高齢者が中心となって働くことができる場を法人等の皆様が積極的に作り出す取組を「就業モデル」として認定します。
 就業モデルとして認定された取組には、法人等への経費助成と普及啓発による支援を行い高齢者がいきいきと活躍できる就業の場を拡大していきます。

募集期間

 平成26年5月15日(木曜)~10月15日(水曜)

経費助成

 就業モデルに取り組む法人等に、助成金支給による経費助成(最大300万円)を行います。

普及啓発

 就業モデルの取組内容を、事例発表会と事例集作成・配布に より広く一般の企業に対して周知します。

就業モデルの募集概要(詳細は参考「募集要項」のとおり)

対象企業等

 東京都内の事業所において、以下の条件で就業モデルを実施する法人等

就業モデルの主な条件

  • 創業や新分野進出等により、新たに60歳以上の高齢者を3名以上雇用すること
  • 新たに雇用した高齢者の人数が、当該新規事業を行う部門の従業員数の半数以上であること
  • 高齢者の就業の場として、広く一般のビジネスモデルとなりうる内容であること
  • 就業モデルとして認定を受けた日から1年以内に雇用を達成し、就業モデルを開始すること

就業モデルの認定

  • 3事業程度を認定
    (書類による「第一次審査」、第一次審査を通過した応募者のプレゼンテーションによる「第二次審査」を経て認定します)

助成金

  • 就業モデルとして認定されると、事業立ち上げに要する経費について助成金の支給を受けることができます
    【助成額】上限300万円
    【助成率】2分の1
    【助成対象期間】認定日から1年間

募集期間

 平成26年5月15日(木曜)~10月15日(水曜)

申込方法

 下記のいずれかの方法で応募書類を入手し、事務局へ郵送(消印有効)または持参

<事務局>
(公財)東京しごと財団 しごとセンター課 高齢就業支援係 高齢者職域開拓モデル事業担当
〒102-0072 千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター1階

応募から認定、普及啓発までの流れ

画像

※参考 高齢者職域開拓モデル事業 平成26年度 募集要項(PDF形式:503KB)
※参考 高齢者職域開拓モデル事業募集要項別紙(PDF形式:216KB)

問い合わせ先
(募集に関すること)
(公財)東京しごと財団しごとセンター課
 電話 03-5211-2376
(事業全般に関すること)
 産業労働局雇用就業部就業推進課
 電話 03-5320-4664

ページの先頭へ戻る