トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 5月 > 河川愛護月間行事(川を歩こう等)の参加者を募集

ここから本文です。

報道発表資料  2014年5月14日  建設局

河川愛護月間行事(川を歩こう等)の参加者を募集します!
見つけよう!広めよう!魅力ある東京の川

 7月は河川愛護月間です。東京都では、東京の川への親しみや愛着を持っていただくため、この期間に河川愛護に関わる各種行事を開催します。ぜひご参加下さい。

1 川を歩こう

 川沿いを歩きながら、川の様子や歴史、川づくりなどについてスタッフが解説します。日頃何気なく歩いている川がより身近になります。

コース名 開催日時 ルート 募集人数
A 隅田川コース 7月4日(金曜)
9時15分~12時30分
両国発着場(東京水辺ライン乗船)~越中島発着場(下船)~明石町聖路加タワー前 100人
B 石神井川コース 7月5日(土曜)
9時30分~12時30分
板橋区役所~音無親水公園 100人
C 南浅川コース 7月5日(土曜)
9時30分~12時30分
JR高尾駅~五月橋~八王子市役所前 50人
D 多摩川コース 7月24日(木曜)
9時30分~12時00分
鳩ノ巣駅~鳩ノ巣渓谷~白丸ダム魚道 50人

2 環七地下の巨大トンネルを体験 杉並区堀ノ内

 環状七号線の地下約45メートルに直径12.5メートル、長さ4.5キロメートルの洪水対策用の調節池があります。この施設の役割やしくみなどについて、スタッフが現地で解説します。
 開催日:7月19日(土曜) 9時30分~12時00分の間で60分程度、4回に分けて実施、募集人数:200人

3 大雨から街を守る地下調節池見学(荏原調節池) 品川区西五反田

 荏原調節池(目黒川)の役割やしくみなどについて、スタッフが現地で解説します。
 開催日:7月22日(火曜)14時00分~16時00分、募集人数:40人

4 低地を守る水門管理センターの施設見学 江東区清澄

 水門・排水機場など20施設を遠隔で監視・制御している水門管理センターで、監視室のモニターに映し出されるリアルタイムの監視画像を見た後、清澄排水機場を見学し、施設の役割やしくみなどについてスタッフが現地で解説します。
 開催日:7月24日(木曜) 9時30分~12時00分、募集人数:50人

5 首都東京にパナマ運河発見!?(扇橋閘門)

 江東区猿江船に乗って水位の異なる河川をつなぐ扇橋閘門(小名木川)の通過を体験し、その役割やしくみなどについて、スタッフが現地で解説します。
 開催日:7月31日(木曜) 9時30分~16時00分の間で70分程度、6回に分けて実施、募集人数:70人

昨年の様子

画像画像
3 大雨から街を守る地下調節池見学(荏原調節池)4 低地を守る水門管理センターの施設見学

実施場所

画像

応募方法

応募方法

 往復はがきに、希望行事名、参加者の氏名・年齢(1枚5人まで)、代表者の住所・電話番号・メールアドレス(お持ちの方)を記入し、下記のあて先まで郵送して下さい。Eメールでもお申し込みいただけます。
 全て参加費は無料です。
 なお、いずれも募集人数を超える場合は、抽選とさせて頂きます。
 抽選結果は、当選・落選いずれも応募締切より10日前後でお知らせ予定です。
 複数行事へのご応募は可能ですが、1行事につき、はがき1枚でお申し込み下さい。Eメールにてお申し込みされる場合は1通で複数行事へのご応募が可能です。

応募締切

 (1)A、(1)B、(1)Cについては6月13日(金曜)(消印有効)
 (1)D、(2)~(5)については6月27日(金曜)(消印有効)

あて先

 〒163-8001東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
 東京都建設局河川部計画課環境計画担当
 Eメール ml-kawawoarukou26(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
※以下のアドレスで各行事の内容及び応募方法をご覧いただけます。
 http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kasen/kawajouhou/H26gyouji/index.html

 各行事は、現地集合となっています。会場までは公共交通機関をご利用ください。
 なお、各行事は、募集人数を超え、抽選となることが予想されますので、当日のキャンセルはご遠慮願います。
 各行事は、大雨等の影響により中止となる場合もありますので、予めご了承願います。

〔参考 河川愛護月間について〕

 この取組みは、身近な自然環境である河川への市民の関心の高まりに応えるため、流域全体の良好な河川環境の保全・再生への取組みを積極的に推進するとともに、市民の河川愛護意識を醸成することを目的とするものです。昭和49年に、建設省(現国土交通省)が広報活動の一環として7月を河川愛護月間としました。なお、東京都では公益財団法人東京都公園協会と協力し、各種行事を運営しています。

〔個人情報等の取扱いについて〕

 応募の際にいただいた個人情報については、該当行事のご案内以外には使用しないものとし、その保護に万全を期してまいります。

問い合わせ先
建設局河川部計画課
 電話 03-5320-5425

ページの先頭へ戻る