トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 5月 > 特定緊急輸送道路沿道建築物 耐震改修事例見学会開催

ここから本文です。

報道発表資料  2014年5月7日  都市整備局

特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化に向けて
『耐震改修事例見学会』を開催します!

 東京都と公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンターは、特定緊急輸送道路沿道建築物の所有者の耐震化の取組を支援するため、東京急行電鉄株式会社の協力のもと、『耐震改修事例見学会』を開催しますので、お知らせいたします。
 これまで、東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例で耐震診断が義務付けられた約5,000棟の特定緊急輸送道路沿道建築物のうち7割を超える建物所有者が診断を実施しており、その後の耐震改修に向けた相談も増えています。
 こうした中、特定緊急輸送道路沿道建築物所有者に耐震改修に関する理解を深めてもらうため、耐震改修を実施した建築物の見学会を下記の日程で開催します。

1 見学会の日時

 平成26年5月28日(水曜)(区分所有建物の管理組合様・管理会社様向け)
 第1回 10時00分から
 第2回 13時30分から
 第3回 16時00分から
※各回定員10名程度

2 見学会場

 自由が丘某マンション
※集合場所:東急電鉄 自由が丘オフィス

3 申込み先

 東京急行電鉄株式会社 耐震サポートチーム (締切 5月22日(木曜))

※ファクスまたはインターネットによる申込みとなります。下記ホームページで詳細をご確認ください。
※申込者多数の場合は抽選となります。

 別添 案内チラシ(PDF形式:1.29MB)

 ホームページ http://www.t-tss.jp/taishin/
 電話 03-3477-9557

※東京急行電鉄株式会社は、(公財)東京都防災・建築まちづくりセンターと協定を締結した協力会社です。

問い合わせ先
都市整備局市街地建築部建築企画課
 電話 03-5388-3362

ページの先頭へ戻る