ここから本文です。

報道発表資料  2014年5月26日  建設局

河川愛護月間関連行事のお知らせ
「東京の川を考えるシンポジウム2014」参加者募集!
-見つけよう!広めよう!魅力ある東京の川-

 7月は河川愛護月間です。東京都では、身近な東京の川について、知識を深めていただくため、下記のとおりシンポジウムを開催します。ぜひご参加下さい。

開催日時

 7月29日(火曜) 13時30分~16時30分

場所

 都民ホール(都庁議会棟1階)

住所

 新宿区西新宿二丁目8番1号

募集人員

 250人

【第1部】東京都河川ボランティア表彰

 河川における緑の保全や清掃など、日頃の活動による功績が顕著な団体又は個人に対して、感謝の意を表し表彰を行います。

【第2部】講演

講演者

画像
岸井隆幸氏

 岸井隆幸氏(日本大学教授)


タイトル

 「東京の河川の新たな水辺整備について」

 河川は、都市の中の貴重なオープンスペースです。これまで都は、災害から都民を守る河川整備だけでなく、テラスや船着場の整備など、誰もが水辺に親しむことができる空間の創出を進めてきました。近年では、隅田川河川敷地に河川敷地占用許可準則を適用したオープンカフェも開業するなど、新たなにぎわいも生まれています。
 このような中、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、これを契機に東京の魅力向上に資する水辺空間のさらなる利活用が求められています。人々が集い、にぎわいが生まれる水辺空間を創出していくための水辺整備のあり方について考えます。


【略歴】

 1953年兵庫県生まれ。東京大学大学院都市工学専攻修了後、建設省に入省。日本大学理工学部土木工学科専任講師、同助教授を経て、1998年より同教授。日本都市計画学会会長、土木学会理事などを務めた。『明日の都市づくり-その実践的ビジョン』(共著・慶応義塾大学出版会)、『新・都市計画マニュアル』(共著・日本都市計画学会編)など著書と論文多数。

【第3部】事例紹介:ボランティア表彰団体等の取組

 表彰団体の皆様から、活動する川への思いや日頃の活動内容などを発表していただきます。

応募方法

 往復はがきに、参加者の氏名・年齢(1枚5人まで)、代表者の住所・電話番号・メールアドレスを記載し、下記のあて先まで郵送して下さい。
 参加費は無料です。なお、募集人数を超える場合は抽選とさせて頂きます。
 また、インターネットからの応募も可能となっています。詳細は、東京都建設局ホームページをご覧下さい。抽選結果は、当選・落選いずれも応募締切より10日前後でお知らせする予定です。

あて先

 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
 東京都建設局 河川部計画課 環境計画担当

締切日

 7月9日(水曜)(消印有効)

 以下のアドレスで内容及びインターネットからの応募方法をご覧いただけます。
 http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kasen/kawajouhou/H26shinpo/index.html

問い合わせ先
建設局河川部計画課
 電話 03-5320-5425

ページの先頭へ戻る