ここから本文です。

報道発表資料  2014年5月22日  教育庁

進学指導重点校の指定について

 東京都教育委員会では、都立高校改革における生徒一人一人の能力を最大限に伸ばす学校づくりの一環として、従来より進学対策に組織的・計画的に取り組む学校を、進学指導重点校に指定してまいりました。
 都立青山高等学校の進学指導重点校としての指定期間が平成26年度末で終了することに伴い、平成27年度からの進学指導重点校の指定を下記のとおり行いましたので、お知らせします。

1 進学指導重点校の指定

 都立青山高等学校を、平成27年度から29年度までの3年間、進学指導重点校に指定する。

2 進学指導重点校の指定の経緯とこれまでの取組

 都教育委員会は、将来の日本のリーダーとなり得る高い資質をもった生徒に対し、国家や社会に対する責任と使命を自覚させるとともに、思考力、判断力、表現力を鍛え、難関国立大学等への進学希望も実現させるため、組織的・計画的に進学対策を推進し、都立高校全体をけん引する役割を担う高校として、進学指導重点校を指定している。

平成13年9月 日比谷、戸山、西、八王子東の4校を「進学指導重点校」に指定
平成15年11月 青山、国立、立川の3校を「進学指導重点校」に追加指定
平成19年4月 上記7校の指定期間の更新(指定期間は平成19年度から平成24年度まで)
平成22年7月 進学指導重点校が満たすべき水準としての選定基準を設定
平成24年6月 選定基準に照らした評価に基づき、上記7校の指定期間を更新
  • 日比谷、戸山、西、八王子東、国立、立川の6校
    平成25年度から平成29年度まで
  • 青山 平成25年度から平成26年度まで
  • ※青山高校は、進学指導重点校としての満たすべき水準に達していないため、在校生のための特例措置として、平成25・26年度の2年間に限り指定を行い、平成25・26年度入試の大学合格実績において、選定基準に適合もしくはそれに準じた顕著な実績向上が見られたときは、平成29年度まで新たに指定することを方針として決定

3 選定基準

(1) 選定基準(平成22年7月決定)

〔基準1〕センター試験結果(現役)

(1)5教科7科目で受験する者の在籍者に占める割合が、おおむね6割以上
(2)難関国立大学等に合格可能な得点水準(おおむね8割)以上の者の受験者に占める割合が、おおむね1割以上

〔基準2〕難関国立大学等(※)現役合格者数

 15人

(※難関国立大学等:東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学、国公立大学医学部医学科)

(2) 選定基準に対する適合状況

選定基準 平成25年度 平成26年度
〔基準1〕(1) 60.3% 67.3%
〔基準1〕(2) 8.7% 25.9%
〔基準2〕 6人 17人

問い合わせ先
教育庁都立学校教育部高等学校教育課
 電話 03-5320-6712

ページの先頭へ戻る