トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 5月 > 都有地活用による地域福祉インフラ整備事業者を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2014年5月21日  福祉保健局

都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業
認知症高齢者グループホーム等整備・運営事業者を決定!
平成28年度開設予定

 東京都では、用地確保が困難な都市部における、認知症高齢者グループホーム等の整備を促進しています。
 その一環として、新宿区内の都有地について、低廉な価格で貸し付けて整備・運営する事業者を昨年9月に公募していましたが、このたびその事業者を決定したのでお知らせいたします。

1 借受者

 社会福祉法人奉優会

2 貸付予定地

  • 所在地(地番) 東京都新宿区西落合二丁目550-1((旧)西落合住宅敷地)
  • 敷地面積 約1,838平方メートル(契約締結時に確定)

3 提案概要(施設規模等)

  • 認知症高齢者グループホーム(定員18人)
  • 小規模多機能型居宅介護(登録定員25人・通い定員15人・宿泊定員9人)
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)(定員20人)

4 貸付期間

 50年 (定期借地権設定契約)

5 選定方法

 都有地等利用事業者選定審査会において、適格性を審査

6 応募状況

 応募者数 5法人

7 今後の予定

 施設整備費補助内示後、貸付契約を締結

借受者の法人及び提案内容の概要

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部施設支援課
 電話 03-5320-4225

ページの先頭へ戻る