トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 4月 > 自転車安全利用を推進するための教材を作成

ここから本文です。

報道発表資料  2014年4月22日  青少年・治安対策本部

事業者向け
自転車安全利用を推進するための教材を作成しました

 東京都は、従業員に対する自転車安全利用研修を支援するため、事業者向けの教材を作成しました。
 「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」(平成25年7月施行)や「自転車安全利用推進計画」(平成26年1月策定)では、行政、自転車利用者、事業者など、自転車に関わる全ての主体が果たすべき役割を示しています。その中で、事業者に対し、従業員向けの自転車安全利用研修を行うよう促しています。研修を行う際には、是非この教材をご活用ください。

画像
安全・安心まちづくりを推進するキャラクター
みまもりぃぬ

従業員研修用動画の配信

第1部 事業者による自転車安全利用研修の必要性(約18分)

 従業員が勤務時間中に自転車による事故を起こしてしまった場合、賠償責任など、事業者に対して様々な責任が課せられます。
 従業員が自転車を安全に利用することの大切さや、そのために研修を行うことがいかに大事か、知ることができます。

画像画像画像

第2部 事業者による安全利用研修の実践方法(約25分)

 実際に研修を行う際の進め方やノウハウを学ぶことができます。

画像画像画像

 この動画は、交通安全課ホームページでご覧いただけます。また、その他参考教材として、研修用パワーポイント資料、パワーポイント利用の手引き、受講者の習熟度を確認する自転車ルールの習熟度テストもあわせて掲載しています。  

 なお、今年度、本教材を活用した事業者向け講習会を開催する予定です。

※青少年・治安対策本部公式ツイッター https://twitter.com/tocho_aochi

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部交通安全課
 電話 03-5388-3124

参考

 都内の全ての小学生・中学生・高校生等をはじめ、幼児保護者、高齢者等に向けて、自転車の交通ルールをわかりやすく説明したリーフレットを合わせて約270万部配付し、安全利用を呼びかけています。

画像
(幼児の保護者用)
画像
(小学生とその保護者用)
画像
(自転車利用者用)
画像
(高齢者用)

ページの先頭へ戻る