トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 4月 > 朝霞浄水場高度浄水施設(第二期)の完成

ここから本文です。

報道発表資料  2014年4月2日  水道局

朝霞浄水場高度浄水施設(第二期)の完成
―利根川水系全浄水場高度浄水施設完成―

 このたび、平成20年度から建設を進めてきた、朝霞浄水場高度浄水施設(第二期)が完成しました。
 これにより、順次整備してきた利根川水系の高度浄水施設が全て完成し、水道需要の多い夏場などにおいても、高度浄水処理した安全でおいしい水を供給できるようになりました。

事業の概要

導入規模

 日量85万立方メートル
 (第一期施設※と合わせて朝霞浄水場全体で日量170万立方メートル)

処理方法

 オゾン及び生物活性炭吸着による高度浄水処理

※第一期施設:日量85万立方メートル(平成16年11月完成)

完成式

 本施設の完成に伴い、完成式を次のとおり開催します。

日時

 平成26年4月24日(木曜)午後2時30分から

会場

 朝霞浄水場高度浄水施設(第二期)前

出席者(予定)

 副知事、厚生労働省健康局長、都議会公営企業委員会委員長、朝霞市長、地元自治会代表ほか

※完成式は、関係者のみで執り行います。

※参考 高度浄水施設建設の経緯(PDF形式:102KB)

問い合わせ先
(事業について)
水道局建設部工務課
 電話 03-5320-6486
(完成式について)
水道局建設部管理課
 電話 03-5320-6482

ページの先頭へ戻る