トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 3月 > 「東京都世帯数の予測」の概要について

ここから本文です。

報道発表資料  2014年3月25日  総務局

「東京都世帯数の予測」の概要

 この予測は、平成22年10月1日現在の国勢調査結果をもとに、平成27(2015)年、32(2020)年、37(2025)年、42(2030)年及び47(2035)年における東京都の世帯数を予測したものです。

都内の一般世帯数は平成42年にピークを迎えて平成47年には682万世帯、
そのうち3分の1以上が高齢世帯で、ひとり暮らしの高齢者は100万世帯以上

  • 東京都の一般世帯数は、平成42年に685.6万世帯でピークとなり、平成47年には682.0万世帯となる。(図1)
  • 東京都の高齢世帯(世帯主が65歳以上の一般世帯数)は、平成47年に242.9万世帯(平成22年の1.4倍増)となり、全体の3分の1以上を占める。そのうち、ひとり暮らしの高齢者は104.7万世帯で100万世帯を超える。(図1)
  • 東京都の単独世帯は、平成47年まで一貫して増加して324.0万世帯(全体に占める割合47.5%)となる。また、区部の平成47年の単独世帯の割合は50%超(50.2%)となる。

図1 東京都の一般世帯数の推移
画像

注1) グラフ中の※印は、平成22年国勢調査結果から世帯不詳を按分した基準世帯数にもとづくものである。
注2) 数値は単位未満を四捨五入しているので、内訳の計と必ずしも一致しない。

※統計情報のページの「東京都世帯数の予測」に詳細データを掲載しています。

問い合わせ先
総務局統計部人口統計課
 電話 03-5388-2295

ページの先頭へ戻る