トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 3月 > 26年度地域の底力再生事業助成の募集

ここから本文です。

報道発表資料  2014年3月27日  生活文化局

平成26年度「地域の底力再生事業助成」の募集を行います!

 東京都は、地域活動の担い手である町会・自治会が主催して行う地域の課題を解決するための取組(催し・活動等)を支援しています。
 この度、平成26年度「地域の底力再生事業助成」の募集を行いますので、お知らせします。

写真

1 対象団体

 都内に所在する町会・自治会

2 対象事業

  1. 地域の課題解決のための取組
  2. 都が取り組む特定施策の推進につながる取組4区分
    〔防災・節電活動、青少年健全育成活動、高齢者の見守り活動、防犯活動〕

※具体的な取組内容については、別紙の「事業例」をご覧ください。

3 補助限度額

 区市町村を単位とする町会・自治会の連合組織等・・・200万円
 町会・自治会の連合組織・・・100万円
 単一町会・自治会・・・20万円

4 募集スケジュール

 平成26年4月1日(火曜)~5月30日(金曜)
 平成26年6月2日(月曜)~8月29日(金曜)
 平成26年9月1日(月曜)~11月7日(金曜)

※応募に関する詳細は、別添「ガイドライン」(PDF形式:2.58MB)をご覧ください。
※本事業は、平成26年度予算議決後に確定します。

問い合わせ先
生活文化局都民生活部管理法人課
 電話 03-5388-3165

〔別紙〕

事業例

(別添「平成26年度『地域の底力再生事業助成』ガイドライン」も併せてご覧ください。)

(1) 地域の課題解決のための取組

<地域の名所をまわるスタンプラリー>

主な事業内容

写真
  1. 子供会、老人クラブ、商店街に協力を依頼し、実行委員会を開催
  2. チラシ・ポスターを作成して地域住民に周知し、イベントの参加団体を募集
  3. 地域のサークルや子供達が、スタンプラリーのゴール地点で披露する催し物を練習
  4. スタンプラリーの開催
    • 地域の名所(寺院や史跡、公園、公民館など)をまわるスタンプラリー
    • スタンプ場所での絵画展やクイズコーナー、ゴール地点での地域住民による催し物の発表

特に工夫したところ

  • ゴール地点やスタンプ場所でイベントを実施することで、楽しみながらスタンプラリーに参加してもらう。
  • 若い世代に地域の魅力を認識してもらう機会とするため、親子での参加を呼びかける。

助成対象

 出演者謝礼、看板・チラシ・ポスター印刷、会場使用料 など

(2) 東京都が取り組む特定施策の推進につながる取組 (防災・節電活動)

<歩行困難者救出訓練と避難所設営訓練>

主な事業内容

写真
  1. 防災訓練の内容、役割分担、実施計画等を検討する実行委員会を開催
  2. 地元小学校PTAや消防署等に協力を依頼し、会議に参加してもらう。
  3. 「防災黄色旗」を購入し、全世帯に配布
  4. 防災訓練の実施
    • 訓練に参加する世帯は、「防災黄色旗」を玄関に掲げ「無事」の意思表示を行う
    • 班長が各班の安否を確認し、簡易無線機を活用して本部に状況を報告
    • 折りたたみ式リアカーによる、歩行困難者の救出・搬送訓練
    • 簡易かまどを活用した炊き出し訓練

特に工夫したところ

  • 発災時の対応は若い世代の協力が不可欠であるため、PTAの協力を仰ぎ、子供やその親世代が参加しやすいよう日程を調整する。

助成対象

 防災黄色旗、折りたたみ式リアカー、簡易かまど、簡易無線機、炊き出し訓練材料(食材、簡易食器)、ポスター・チラシ印刷、イベント保険料 など

ページの先頭へ戻る