ここから本文です。

報道発表資料  2014年3月25日  建設局

多摩動物公園情報
多摩動物公園からのお知らせ

1.ゴールデンターキンが誕生しました!

 多摩動物公園(園長 田畑直樹)では、3月初旬にゴールデンターキンが誕生しましたのでお知らせします。

画像
【誕生したゴールデンターキン】

(1) 誕生したゴールデンターキン

  • 誕生日
    平成26年3月9日(日曜)
  • 性別
    不明

(2) 両親

  • 母親
    ホイ 2010年 陝西省稀少野生動物緊急救助飼養研究センター生まれ
  • 父親
    ボウズ 1997年 当園生まれ

(3) 公開予定等について

 現在、親子はとても元気で授乳も確認されておりますが、親子の体調管理のため室内で飼育しております。また、母親は初産で神経質になっており、飼育担当者も親子の様子を見守っているところです。
 今後は親子の状態を見ながら公開しますが、性別や名前、公開日程についてはホームページにてお知らせします。なお、親子の体調や天候によっては、展示中止又は展示時間の変更をする場合がありますので、ご了承ください。

(4) 当園での飼育状況

 7頭(オス3、メス3、不明1)
※ただし、「今回誕生した赤ちゃん」を含みます。

(5) 国内の飼育状況(2012年12月31日現在)

 3園館・12頭(オス5、メス7)
※資料:(公社)日本動物園水族館協会

【参考】ゴールデンターキン(ワシントン条約附属書2表、IUCNレッドリスト:VU(絶滅危惧2類)、東京都ズーストック種)

  • 学名
    Budorcas taxicolor bedfordi
  • 英名
    Golden takin
  • 分類
    偶蹄目 ウシ科
    ターキンはアッサムターキン、ブータンターキン、スーチョワンターキン、ゴールデンターキンの4亜種に分けられる。当園ではこのうちゴールデンターキンを飼育している。成獣のオスが金色の体毛を持つためゴールデンの名を持つと言われている。
  • 分布
    中国 陝西(シャンシー)省泰嶺山脈・甘粛(カンスー)省東南部
  • 生息状況
    標高2400~4200メートルの岩がある竹林やシャクナゲなどの茂みに生息している。開発により数が減り、中国ではジャイアントパンダやトキ等とともに国の第一級保護動物に指定されている。
  • その他
    ターキンはオスの体重が250キログラムを超えることもある大型のカモシカで、雌雄ともにユニークな形をした角を有する。

※ワシントン条約附属書2表、絶滅危惧2類の正しい表記はローマ数字です。

2.ニホンコウノトリの卵が移動します

 当園では、ニホンコウノトリの卵が兵庫県立コウノトリの郷公園から移動することになりましたので、お知らせいたします。

画像 画像
【移動する予定の卵(2個)】 【仮親になる予定のYペア】

(1) 移動するニホンコウノトリの卵

 兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)
 J387(オス)・J050(メス)から生まれた卵 計2個(予定)

(2) 移動予定日

 平成26年3月27日(木曜)

(3) 経緯

 当園は、1988年に日本で初めてとなる飼育下でのニホンコウノトリの繁殖に成功して以来、人工繁殖も含めて数多くのペア形成や繁殖に貢献した実績を持っています。
 このたび、ニホンコウノトリの個体群管理計画に基づき、国内の飼育下個体群の遺伝的多様性を維持することを目的として、兵庫県立コウノトリの郷公園で産卵した卵を当園へ移動させることになりました。
 また、当園に移動後の卵は、繁殖経験のある仮親に預けられる予定です。

(4) 当園での飼育状況

 46羽(オス22、メス24) ※今回移動する卵は含みません。

(5) 国内の飼育状況(2013年12月18日現在)

 18施設 184羽(オス94、メス89、不明1)
※資料:ニホンコウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル会議(公社)日本動物園水族館協会

【参考】ニホンコウノトリ(IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧種)、特別天然記念物、東京都ズーストック種)

  • 学名
    Ciconia boyciana
  • 英名
    Oriental white stork
  • 分類
    コウノトリ目 コウノトリ科
  • 分布
    東アジアの草原や湿地
  • 生態等
    全長約1.2メートル、体重約4キログラム。魚・カエル・ザリガニ・バッタなどを食べる。コウノトリは1回の産卵で2~5個の卵を産み、ふ化日数は約30日とされ、ふ化してから巣立ちまで約63日かかる。明治以前には日本でも普通に見られた鳥だが、乱獲や農薬等、環境の変化により野生のものは日本から姿を消してしまった。

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
※3月26日(水曜)、4月2日(水曜)は開園
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】教育普及課
 電話 042-591-1611、042-591-1689 17時00分まで
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る