トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 3月 > 特定整備路線 補助第120号線を沿道一体整備事業で整備

ここから本文です。

報道発表資料  2014年3月24日  都市整備局

鐘ヶ淵地区で特定整備路線 補助第120号線を沿道一体整備事業で整備します

 本日(3月24日)、以下の路線について、国土交通省から都市計画事業の認可を取得し、事業に着手いたしますのでお知らせします。

路線名 施行箇所 延長 計画幅員 事業期間 事業費 担当事務所
幅員構成
補助
第120号線
墨田区
墨田二丁目
~墨田三丁目
530メートル 20メートル 平成25年度
~平成31年度
約51億円 第二区画
整理事務所
車道:10メートル
歩道:5メートル×2

 補助第120号線は、墨田区墨田五丁目から江戸川区小松川四丁目に至る延長約4.9キロメートルの都市計画道路です。このうち、墨田区墨田二丁目から墨田区墨田三丁目までの延長530メートルの区間について事業に着手します。

事業の概要

 本区間は、「木密地域不燃化10年プロジェクト」における「特定整備路線」に選定されています。本事業の実施により、当該地域の防災性の向上が図られます。
 また、沿道の建物の不燃化や共同化を支援するため、「道路と一体的に進める沿道まちづくり」に取り組んでいます。今後も、勉強会を開催するなど、墨田区と連携して沿道のまちづくりを進めていきます。

事業の効果

  1. 延焼遮断帯の形成や安全な避難路の確保などにより、防災性の向上が図られます。
  2. 本路線の整備により、交通の円滑化が図られ、道路ネットワークが強化されます。
  3. 自転車歩行者道の設置、車道の改良により、利用者の安全性、快適性が向上します。
  4. 電線類の地中化や街路樹の植栽により、良好な都市景観を創出します。

※別添 補助第120号線 案内図(PDF形式:131KB)

問い合わせ先
都市整備局市街地整備部防災都市づくり課
 電話 03-5320-5029

ページの先頭へ戻る