トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 3月 > 保育施設・幼稚園等向け結核対策の手引を作成

ここから本文です。

報道発表資料  2014年3月17日  福祉保健局

保育施設・幼稚園及び学習塾等を対象とした
結核対策の手引を作成しました。

 都内では毎年三千人近くが新たに結核と診断されており、結核は今なお重大な感染症です。都では全国と比較して働き盛りの世代の結核患者が多く、近年、保育施設・幼稚園や学習塾等の職員が結核を発病する事例が見られます。
 乳幼児や生徒が集団生活を送るこれらの施設では、ひとたび結核が発生すると集団感染につながるおそれがあり、職員の健康管理など日頃の対策が重要です。
 施設が結核対策を適切に実施できるよう、保育施設・幼稚園及び学習塾等を対象とした結核対策の手引を作成しましたので、お知らせいたします。

1 各手引の主な記載事項

(1) 「保育施設・幼稚園の管理者・職員を対象とした結核対策の手引」

画像
  • 結核の発生状況
  • 結核の基礎知識
  • 職員の結核と必要な対策
  • 園児の結核と必要な対策
  • 結核発生時の対応
  • Q&A
  • 結核対策チェックリスト

(2) 「学習塾管理者を対象とした結核対策のリーフレット」

画像
  • 結核の発生状況
  • 結核の基礎知識
  • 結核の感染拡大を防ぐため、職場で実施できること

2 配布先

 保育施設、幼稚園、学習塾、保健所等へ配布

 東京都福祉保健局ホームページ「結核情報・対策―結核関係の刊行物」にも掲載しておりますので、PDFファイルをダウンロードして御利用ください。
 URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/kekkaku/index.html
 福祉保健局トップページ⇒医療・保健⇒感染症対策⇒結核情報・対策⇒結核関係の刊行物

3 添付資料

 「保育施設・幼稚園における結核対策」(PDF形式:2.4MB)
 「その咳、本当に風邪ですか?結核に御注意ください。」(PDF形式:1.14MB)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部感染症対策課
 電話 03-5320-4483

参考

都の結核の現状

  • 結核患者数は減少傾向にあるものの、今なお都内では年間三千人近くの新たな結核患者が発生
  • 働き盛りの世代の結核患者が多いのが都の特徴

画像

画像

ページの先頭へ戻る