トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 3月 > 都内初となる「川床」"かわてらす"が日本橋川に誕生

ここから本文です。

報道発表資料  2014年3月13日  建設局

都内初となる「川床(かわゆか)」"かわてらす"が日本橋川に誕生します!
―"かわてらす"社会実験の第1号店となる出店事業者が決定―

 建設局では、水辺の更なる魅力向上と地域の活性化を目的に、河川敷地を活用して飲食店の営業を行う"かわてらす"社会実験を実施しています。現在、隅田川及び日本橋川の一部区間を対象として出店事業者を募集しており、このうち日本橋川については、中央区とも連携して取り組んでいます。(平成26年2月5日報道発表済)
 このたび、日本橋川に隣接する飲食店事業者と協議が整い、本社会実験の制度適用第1号となる"かわてらす"が開設されることとなりましたので、お知らせします。

画像

1 社会実験の出店事業者

 株式会社ジェイプロジェクト
 (名古屋市中区栄3-4-28 代表取締役社長 林裕二)

2 "かわてらす"設置店舗

画像

<日本橋室町豊年萬福 正面写真>

  • 店舗名 日本橋室町 豊年萬福(ほうねんまんぷく)
  • 所在地 中央区日本橋室町1-8-6

3 協議成立までの経緯

 建設局及び中央区では、日本橋川"かわてらす"社会実験について、広く出店事業者を募るほか、対象区間で飲食店を営業している店舗に対し、本社会実験の周知を図ってまいりました。
 『日本橋室町 豊年萬福』を運営する株式会社ジェイプロジェクトは、日本橋川を眺めるテラスを既に店舗敷に設置しているなど、早くから水辺の魅力に着目した事業展開を図るとともに、日本橋にゆかりのある食材等に関する勉強会等を開催し、日本橋の文化や情報を発信してきました。本社会実験の趣旨や意義にも賛同いただき、募集条件を満たすことから出店事業者の決定及びかわてらすの開設に至ったものです。
 なお、かわてらすの日本橋地域への開設にあたっては、当地域の水辺再生をテーマに活動している「日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会」にもご協力いただいております。

4 "かわてらす"開設予定日

 平成26年3月20日(木曜)

「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業
 本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標3 「水と緑の回廊で包まれた、美しいまち東京を復活させる」
 施策8 「人々が集い、賑わいが生まれる水辺空間を創出する」

問い合わせ先
建設局河川部計画課
 電話 03-5320-5486

ページの先頭へ戻る