トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 2月 > 水産業振興プラン(中間のまとめ)へ ご意見募集

ここから本文です。

報道発表資料  2014年2月18日  産業労働局

「水産業振興プラン」改定にあたっての中間のまとめ
―都民の皆様のご意見を募集します―

 東京都は、平成18年2月に「水産業振興プラン(川編)」を、平成21年3月に「水産業振興プラン(海編)」を策定し、天然アユの復活やキンメダイなどの資源管理、島しょ地域の漁場造成などに重点的に取り組んできました。しかし、キンメダイへの漁獲の偏りやアユが上流に遡上できないなど、新たな課題があることから、プランの改定に向けた検討を進めているところです。
 このたび、「水産業振興プラン―東京における持続可能な水産業の実現―(中間のまとめ)」を取りまとめましたので、都民の皆様からご意見を募集します。お寄せ頂いたご意見を参考に最終のまとめを行い、3月に本プランを改定し、公表する予定です。

「水産業振興プラン(中間のまとめ)」の概要

1 計画期間

 平成26年度から35年度までの10年間

2 今回のプランのポイント

  • 伊豆諸島の主要魚種であるキンメダイなどを対象とした効果的な資源管理の推進
  • 水産加工の振興などによる低・未利用水産資源の有効活用
  • 防災力強化をはじめとした施設整備や、漁場造成など生産基盤の整備
  • 被災した大島における漁業生産力の早期回復

3 持続可能な水産業に向けた施策展開

 【資源】【経営】【流通・消費】【多面的機能】の4つの視点毎に定めた基本方針に基づき、施策を展開

【資源】持続可能な水産業を支える水産資源管理を推進

  • 資源管理型漁業の推進
  • 水産資源の生息環境を改善

【経営】安定した水産業経営を実現する経営基盤の強化

  • 漁家経営の安定
  • 水産業の担い手を確保・育成
  • 漁業協同組合の経営基盤を強化

【流通・消費】水産加工の振興と、他産業連携を強化した東京産水産物の消費拡大

  • 水産加工の振興による低・未利用資源の有効活用
  • 東京産水産物の消費拡大
  • 安全・安心な東京産水産物の提供

【多面的機能】水産業の多面的機能の発揮による都民生活への貢献

  • 環境保全機能などの発揮
  • 災害に備えた漁村づくりの推進

「水産業振興プラン(中間のまとめ)」に対するご意見の募集

募集期間

 平成26年2月18日(火曜)から2月28日(金曜)まで

提出方法及び提出先(あて先)

 ファクス、Eメールまたは郵送(期限までに必着)のいずれかの方法によりお寄せください。電話によるご意見は遠慮願います。

  1. 郵送の場合
    〒163-8001 新宿区西新宿二丁目8番1号
    東京都産業労働局農林水産部水産課 水産業振興プラン担当
  2. Eメールの場合
    S0000486(at)section.metro.tokyo.jp
  3. ファクスの場合
    03-5388-1466 水産課あて

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

入手・閲覧方法

  1. ホームページから入手
    産業労働局ホームページ http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp
  2. 冊子を入手
    産業労働局農林水産部水産課(都庁第一本庁舎31階中央)
    産業労働局農林水産部調整課(都庁第一本庁舎31階南側)
  3. 冊子を閲覧
    都民情報ルーム(都庁第一本庁舎3階北側)

ご意見提出上の注意

  1. 住所・氏名・年齢・職業を明記してください。
  2. ファクスまたはEメールの場合には表題に「水産業振興プラン中間のまとめについて」と明記してください。
  3. いただいたご意見への個別回答はいたしませんので、予めご了承ください。
  4. いただいたご意見は個人情報を除き、公表させていただくことがあります。予めご承知おきください。

「水産業振興プラン ~東京における持続可能な水産業の実現~(中間のまとめ)」の概要(PDF形式:634KB)
水産業振興プラン 中間のまとめ(PDF形式:2.75MB)

問い合わせ先
産業労働局農林水産部水産課
 電話 03-5320-4848

ページの先頭へ戻る