トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 2月 > 地域資源発掘型実証プログラム事業 シンポジウム開催

ここから本文です。

報道発表資料  2014年2月27日  産業労働局

地域資源発掘型実証プログラム事業
上野フェスティバル・オブ・アーキテクチャー
シンポジウム「近現代建築と観光」を開催します!

 都内には、未だ活用されていない地域資源が数多く眠っています。そこで、東京都では、都内の各地域から、地域資源を活用するためのアイディア(企画案)を募集し、旅行者誘致につなげていく「地域資源発掘型実証プログラム事業」を実施しています。
 このたび、地域からのアイディアが具体化され、「近現代建築と観光」についてのシンポジウムを行うことになりましたので、お知らせいたします。

上野観光連盟企画提案 上野フェスティバル・オブ・アーキテクチャー

シンポジウムの概要

1 日時

 平成26年3月8日(土曜)14時20分から16時45分まで(14時00分開場)

2 場所

 東京都美術館講堂(台東区上野公園8-36)

3 定員

 200名(参加費無料・予約不要・当日先着順)

プログラム
  •  14時25分~14時35分 モニターツアー実施報告
     上野観光連盟事務総長 茅野雅弘
  •  14時35分~15時15分 基調講演 「上野の山の近現代建築と、その観光を考える」
     国立大学法人東京藝術大学名誉教授(建築学) 前野まさる
  •  15時30分~16時45分 パネルディスカッション
    • コーディネーター
      上野観光連盟 モニターツアー担当 大坪京市
    • パネリスト
      公立大学法人山口県立大学 准教授(建築学) 斉藤理
      文化庁 国立近現代建築資料館 建築資料調査官 山口俊浩
      上野観光連盟 事務総長 茅野雅弘
      株式会社ジェイティービー地域コンテンツ開発担当 深沢令子

※別紙 チラシ(PDF形式:1.91MB)

問い合わせ先
(事業全般に関すること)
産業労働局観光部振興課
 電話 03-5320-4768
(シンポジウムに関すること)
株式会社JTBコーポレートセールス霞ヶ関第三事業部
 電話 03-6737-9301

ページの先頭へ戻る