ここから本文です。

報道発表資料  2014年2月24日  環境局

食品廃棄物削減キャンペーンを行ないます
―まだ食べられる食品が年間800万トンも捨てられています!!―

 日本では年間約1,700万トンの食品廃棄物が発生しています。このうち本来食べられるにもかかわらず廃棄される、いわゆる「食品ロス」は約500~800万トンあると推計されています。これは、日本の年間コメ生産量に匹敵する量の食べられる食品が捨てられていることになります。
 東京都環境局は、このような「もったいない」現状を都民の皆様に知っていただき、食品廃棄物削減に向けた取組を推進するため、「食品廃棄物削減キャンペーン」を下記のとおり開催いたします。

画像
食材使いきり料理
(野菜の皮を用いたきんぴら)

1 開催日、場所

(1) 平成26年3月15日(土曜)及び3月16日(日曜)

  • イトーヨーカドー赤羽店 6階催事スペース
  • イトーヨーカドー大井町店 1階入口

(2) 平成26年3月21日(祝日・金曜)及び3月22日(土曜)

  • イトーヨーカドー木場店 1階催事スペース
  • イトーヨーカドー武蔵小金井店 2階催事スペース

2 内容

  • 食品ロスの実態等を紹介するポスター掲示及びリーフレット配布
  • 食材使いきり料理の試食提供及びレシピ配布
  • 生ごみの水切り実演
  • 食品ロスの実態等を紹介する映像の上映

(参考)

食品廃棄物削減に係る東京都のこれまでの取組

  • 東京都消費者月間 交流フェスタへの出展(10月)
  • 食べきりげんまんプロジェクト(10月、九都県市事業)
  • 食品ロスの削減に向けたシンポジウムの開催(11月)

問い合わせ先
環境局廃棄物対策部資源循環推進課
 電話 03-5388-3577

ページの先頭へ戻る