トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 2月 > 葛西臨海水族園情報 ウチワエビの幼生を展示

ここから本文です。

報道発表資料  2014年2月20日  建設局

葛西臨海水族園情報
クラゲに乗って生活するジェリーフィッシュライダー、ウチワエビの幼生を展示します!

 葛西臨海水族園(園長 西源二郎)では、ウチワエビの幼生の展示を始めますのでお知らせします。ウチワエビの仲間の幼生は、クラゲ類(英語でジェリーフィッシュ)に乗って漂う姿がたびたび目撃され、「ジェリーフィッシュライダー」と呼ばれています。この幼生はクラゲが大好物で、乗っているクラゲを食べながら成長します。飼育が難しいことから、水族館でもなかなか見ることができません。
 ぜひこの機会に、透明で不思議な姿をして、クラゲに乗って独特な生活をするウチワエビの子供たちを観察してみてください。

画像
クラゲ(中央)とウチワエビの幼生「ジェリーフィッシュライダー」
2月17日の様子

1.展示開始日

 平成26年2月21日(金曜)

2.展示個体数および大きさ(2月17日現在)

 約20個体、体長約6ミリメートル

3.展示場所

 「東京の海」エリア特設水槽

4.展示までの経緯

 平成26年2月3日(月曜)、ふ化から4日目の幼生(体長約3ミリメートル)約100個体を国立大学法人東京海洋大学から受入れ、非公開の予備飼育室内の水槽で飼育を開始しました。
 ミズクラゲやアカクラゲなどを餌として与えたところ、幼生はすぐにクラゲにとりつき、食べ始めました。ふ化から10日目の2月9日に最初の脱皮を確認し、2回の脱皮を経た現在は、ふ化直後の2倍ほどの大きさに成長しています。
 順調に飼育ができていることから、ウチワエビの幼生を当園で初めて展示することにしました。
 なお成体は、同じ「東京の海」エリアの「タッチン&フィーリン」小型水槽でご覧いただけます。

画像 画像
ふ化後4日目の透明なウチワエビの幼生
(体長約3ミリメートル)
ウチワエビの成体

【参考】

ウチワエビ

  • 学名
    Ibacus ciliatus
  • 英名
    Japanese fan lobster
  • 分類
    甲殻綱 エビ(十脚)目 セミエビ科
  • 分布
    山形県と房総半島以南、東シナ海沿岸からオーストラリア東岸にかけての西太平洋の熱帯・亜熱帯域、水深300mくらいまでの砂泥地に生息する。
  • 生態
    成体は砂に潜りじっとしていることが多く、海底を歩行して小型の底生動物を捕食する。
    産卵期は秋で、ふ化した幼生は外洋を漂いながらクラゲ類などを捕食し、脱皮して成長する。十分に成長した幼生は、砂泥地に着底し、ニストと呼ばれるほふく体に変態する。ニストは透明なエビの形をしており、ガラスエビとも呼ばれる。
    量は多くないものの、成体は食用として流通している。

「Visit ほっと Zoo 2014」開催中

画像

 平成26年1月9日(木曜)から3月9日(日曜)まで、冬の動物園・水族園の魅力を多くの方に知っていただくためのキャンペーン「Visit ほっと Zoo 2014」を開催中です。
 URL:http://www.tokyo-zoo.net/hotzoo2014/


ご案内

【葛西臨海水族園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
 3月26日(水曜)は開園。
<入園料>一般:700円、65歳以上:350円、中学生:250円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料
※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【葛西臨海水族園】
 電話 03-3869-5152
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る