ここから本文です。

報道発表資料  2014年2月6日  福祉保健局

晴れて、暖かく、風のある日は要注意
都内でスギ花粉の飛散開始(速報)

 東京都は、本日11時00分までに2月2日(日曜日)からのスギ花粉の飛散開始を確認しましたので、お知らせします。
 これは、過去10年平均(2月16日)より14日早く、昨年(2月7日)より5日早い飛散開始です。

2月2日、都内12観測地点中、千代田・大田で飛散開始を確認しました。(2月6日、11時00分現在)

※都内12観測地点
 千代田、葛飾、杉並、北、大田、青梅、八王子、多摩、町田、立川、府中、小平

※飛散開始日の定義
 一観測地点で、1月以降に1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を原則として2日以上連続して観測した場合の最初の日が、その観測地点の飛散開始日となります(財団法人日本アレルギー協会花粉情報標準化委員会の定義による)。

 花粉情報を活用して、花粉飛散の多い日はマスクの着用や、可能であれば外出を避ける等の対策を行うことで、花粉症の予防や症状の軽減をすることができます。

東京都の花粉情報をぜひ、ご活用ください。

インターネット(とうきょう花粉ネット)

 1時間単位の花粉予報、現在の飛散状況などの花粉情報をご覧になれます。
 アドレス http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_kankyo/kafun/

テレホンサービス

 1時間単位の花粉予報や飛散状況(音声ガイド)をお聞きになれます。
 電話番号 03-3233-1187(イイハナ)

花粉予報メール配信サービス(登録制)

 1時間単位の花粉予報を1日最大4回、メールでお知らせします。
 パソコン http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_kankyo/kafun/
 携帯電話 http://pollen.tokyo-kafun.jp/kafun/mailsend.php

画像

問い合わせ先
東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課
 電話 03-3363-3487

〔参考〕

過去の飛散開始日

飛散開始日
昭和60年 2月5日~2月21日
昭和61年 2月13日~3月5日
昭和62年 2月9日~2月10日
昭和63年 2月1日~2月4日
平成元年 2月1日~2月14日
平成2年 2月9日~2月17日
平成3年 2月16日~3月2日
平成4年 2月12日~2月18日
平成5年 2月7日~2月14日
平成6年 2月25日~3月2日
平成7年 2月15日~2月23日
平成8年 2月13日~2月26日
平成9年 2月10日~2月13日
平成10年 2月16日~2月23日
平成11年 2月10日~2月18日
平成12年 2月9日~2月14日
平成13年 2月16日~2月21日
平成14年 2月6日~2月7日
平成15年 2月10日~2月13日
平成16年 2月19日~2月20日
平成17年 2月20日~2月25日
平成18年 2月13日~2月17日
平成19年 1月31日~2月8日
平成20年 2月20日~2月22日
平成21年 2月5日~2月9日
平成22年 2月8日~2月22日
平成23年 2月16日~2月23日
平成24年 2月24日~3月3日
平成25年 2月7日~2月14日

スギ花粉の回避

  1. 花粉情報に注意する。
  2. 飛散の多い時の外出を控える。外出時にマスク、メガネを使う。
  3. 表面がけばだった毛織物などのコートの使用は避ける。
  4. 帰宅時、衣服や髪をよく払ってから入室する。洗顔、うがいをし、鼻をかむ。
  5. 飛散の多いときには窓、戸を閉めておく。換気時の窓は小さく開け、短時間にとどめる。
  6. 飛散の多い時のふとんや洗濯物の外干しは避ける。
  7. 掃除を励行する。

※鼻アレルギー診療ガイドライン改訂第6版(2009)から引用

ページの先頭へ戻る