トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 2月 > 被災地支援「エコノミー症候群対策事業」を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2014年2月3日  オリンピック・パラリンピック準備局

―ウォームアップジャパン from Tokyo―「被災地支援事業(アスリート派遣事業)」
「エコノミー症候群対策事業」の実施について

 平成25年7月16日にお知らせしました「スポーツを通じた被災地支援事業」である「アスリート派遣事業」の第9回として、「エコノミー症候群対策事業」を実施いたします。

事業概要

開催趣旨

 東日本大震災より3年が経過しようとする中、福島県では福島第一原子力発電所事故による放射線被害による避難が続いていますが、住民のニーズは、事故当初の緊急性のあるものから次の段階へと移行しており、行政の対応も、住民ニーズの変化に合わせる必要に迫られています。
 福島県南相馬市内には、同市住民の他、双葉町・浪江町からも住民の方が避難してきており、応急仮設住宅や民間借り上げ住宅等の慣れない環境下で生活しているため、運動不足になりがちな現況です。
 そこで、仮設住宅等で暮らす住民のみなさんに、スポーツを親しむ機会を提供するとともに、エコノミー症候群の予防を図るため、本事業を実施します。

主催

 東京都
 一般社団法人日本アスリート会議

主管

 NPO法人NSCAジャパン
 かしま元気スポーツクラブ(南相馬市)

協力

 うつくしま広域スポーツセンター(浜通り広域スポーツセンター)

期日

 平成26年2月12日(水曜日)・13日(木曜日)

会場

 1) 南相馬市鹿島区・千倉グラウンド応急仮設住宅 集会所
 2) 南相馬市鹿島区・角川原応急仮設住宅 集会所

内容

 ボール等を使った軽運動

対象者

 上記2つの仮設住宅の住民 各20~25名

日程

2月12日(水曜日)

 1) 南相馬市鹿島区・千倉グラウンド応急仮設住宅 集会所
 13時45分~14時00分 開場
 14時00分~15時30分 「エコノミー症候群対策事業」

2月13日(木曜日)

 2) 南相馬市鹿島区・角川原応急仮設住宅 集会所
 13時45分~14時00分 開場
 14時00分~15時30分 「エコノミー症候群対策事業」

問い合わせ先
オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部事業推進課
 電話 03-5320-7714
一般社団法人日本アスリート会議(一般社団法人アスリートネットワーク内)
 電話 06-6292-5055
かしま元気スポーツクラブ
 電話 0244(46)1215

ページの先頭へ戻る