トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 1月 > 都政モニターアンケート結果 海上公園について

ここから本文です。

報道発表資料  2014年1月8日  生活文化局

平成25年度第5回インターネット都政モニターアンケート結果
海上公園について

 今回の調査は、インターネット都政モニターを対象に、海上公園のイメージや海上公園の認知度、望ましい海上公園にするために東京都に力を入れてほしいことなど「海上公園」について聞き、今後の都政運営の参考とするものです。

調査結果のポイント

  • 海上公園のイメージ
    第1位 海を眺めて休息をとる公園・・・61%
    第2位 干潟や砂浜などが整備された公園・・・46%
    第3位 海の上につくった公園・・・45%
  • 海上公園の認知度
    利用したことがあるので知っている・・・46%
    利用したことはないが、あることは知っている・・・27%
    今回初めて知った・・・27%
  • 知っている海上公園-「利用したことがあるので知っている」「利用したことはないが、知っている」を選んだ人(335人)に聞いたところ
    第1位 お台場海浜公園・・・92%
    第2位 葛西海浜公園・・・85%
    第3位 有明テニスの森公園・・・67%
  • 海上公園でどのようなことをしてみたいか
    第1位 海や水辺、東京港の風景を眺める・・・70%
    第2位 散歩・・・67%
    第3位 ベンチに座って休憩・・・42%
  • 望ましい海上公園にするために東京都に力を入れてほしいこと
    第1位 貝や魚などの海辺の生き物や野鳥などの動植物を観察できる環境を整えること・・・58%
    第2位 景観に配慮した美しい公園とすること・・・39%
    第3位 海岸の樹林地や森林を増やすこと・・・36%

※インターネット都政モニターは、インターネットが使える20歳以上の都内在住者を対象に、性別、年代、地域等を考慮して500人を選任。

問い合わせ先
生活文化局広報広聴部都民の声課
 電話 03-5388-3139

〔資料〕

調査実施の概要

1 アンケートテーマ

 「海上公園について」

2 アンケート目的

 海上公園に関する意識を把握し、今後の都政運営の参考とする

3 アンケート期間

 平成25年11月22日(金曜)正午から平成25年11月28日(木曜)正午まで

4 アンケート方法

 インターネットを通じて、モニターがアンケート専用ホームページから回答を入力する

5 インターネット都政モニター数

 500人
(インターネット都政モニターは満20歳以上の都民を対象に年度ごとに公募)

6 回答者数

 458人

7 回答率

 91.6%

海上公園について

 東京都では、都民と東京の海とのつながりを取り戻し、都民が自然とふれあいながら、スポーツやレクリエーションが楽しめる場として「海上公園」の整備を昭和47年度から進めてきています。
 現在、お台場海浜公園をはじめ、スポーツや釣り・水辺の野鳥観察などレクリエーションのできる公園が38か所開園しています。また、平成17年には、中央防波堤内側埋立地の一部(ゴミと建設発生土の埋立地)を「海の森」とする構想を公表し、現在整備を進めています。
 一方で、水辺空間の活用や自然災害への備え、賑わいの創出など、海上公園を取り巻く社会状況にも変化が見られます。
 今回、こうした状況を踏まえ、社会情勢の変化に合わせた新たな視点を取り込みながら、今後の海上公園の整備や運営の参考とするため、都政モニターの皆様のご意見をお聞きします。

1 調査項目

Q1 海上公園のイメージ
Q2 海上公園の認知度
Q3 知っている海上公園
Q4 「海の森」の認知度
Q5 「海の森」について知っていること
Q6 今後利用したい海上公園
Q7 海上公園の利用の仕方
Q8 海水浴利用について
Q9 泳ぎたい海浜公園
Q10 今後海水浴をするために重要だと思うこと
Q11 海水浴以外での海浜公園の利用
Q12 望ましい海上公園

2 アンケート回答者属性

区分 n
全体 458 -
性別 男性 230 50.2
女性 228 49.8
年代別 20代 50 10.9
30代 83 18.1
40代 93 20.3
50代 69 15.1
60歳以上 163 35.6
職業別 自 営 業 40 8.7
常  勤 156 34.1
パート・アルバイト 50 10.9
主  婦 113 24.7
学  生 26 5.7
無  職 73 15.9
居住地域別 区部 323 70.5
市町村部 135 29.5

※集計結果は百分率(%)で示し、小数点以下第2位を四捨五入して算出した。そのため、合計が100.0%にならないものがある。
※n(number of cases)は、比率算出の基数であり、100%が何人の回答者に相当するかを示す。
※回答方法・・・(5MA)=5つまで選択、(3MA)=3つまで選択、(2MA)=2つまで選択、(MA)=いくつでも選択

調査結果(PDF形式:400KB)

ページの先頭へ戻る