トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 1月 > 消費生活セミナー「未来の夢に近づく資産形成」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2014年1月20日  生活文化局

―消費生活セミナー開催のお知らせ―
「今から始めよう!未来の夢に近づく資産形成」
若者におすすめ!

 昨今の経済情勢の変化や少額投資非課税制度(NISA)の開始などを背景として、金融商品や投資への関心が高まっています。そこで、都民自らが消費者として主体的かつ適切に行動するための一助として、金融経済をテーマに消費者セミナーを開催いたします。
 1月から3月は、若者向け悪質商法被害防止キャンペーン月間でもあることから、本セミナーは、特に若い方に学んでいただきたい将来を見据えた資産形成の大切さや投資の基礎的な知識等について、各界の専門家と連携して実施するものです。

日時

 平成26年3月6日(木曜)
 19時00分から21時00分まで (18時30分 開場)

場所

 東京都消費生活総合センター 教室1・2
(東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ17階)

参加費

 無料

募集人員

 100名(都内在住・在勤・在学の方)

<第1部>基調講演50分

 将来を見据えた資産形成を図ることの大切さについて、金融経済教育の視点からご講演いただきます。

講師

 慶應義塾大学経済学部教授 吉野直行(よしのなおゆき)

【プロフィール〕
 財務省の関税・外国為替等審議会会長など歴任。現在、金融庁の金融審議会会長、金融庁金融研究センター所長など兼務。著書に「これから日本経済の真実を語ろう」ほか多数。

<第2部>トークセッション50分

「賢く選ぶ金融商品」
―主体的な資産形成を始める前に知っておきたいこと―

 少額投資非課税制度(NISA)や投資トラブルの事例など、資産形成を始める前に知っておきたいトピックスについて、専門家の方々からご紹介いただきます。

ゲスト 

 日本証券業協会企画部証券税制室長 金子得栄(かねことくえい)
 金融庁 金融サービス利用者相談室長 熊谷尚秋(くまがいなおあき)

モデレーター

 慶應義塾大学 経済学部 教授 吉野直行(よしのなおゆき)

主催

 東京都消費生活総合センター (後援(予定):日本証券業協会、金融庁)

申込

 電話、ファクス、電子申請でお申し込みください(詳細は別紙(PDF形式:718KB)をご覧ください)。

締切

 3月3日(月曜)※申込の受領をもって受講決定とし、定員に達した時点で受付を終了します。

問い合わせ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
 電話 03-6228-1331

ページの先頭へ戻る