トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 1月 > 歴史的建造物の保存を支援するチャリティイベント

ここから本文です。

報道発表資料  2014年1月17日  都市整備局

歴史的建造物の保存を支援するチャリティイベントの開催について
―立教大学―

 都は、歴史的建造物を守りいかしていく支援の輪をひろげていくため、施設管理者や民間企業等と連携し、歴史的建造物に関心を持っていない方にも知ってもらう取組を行っています。
 このたび、レンガ造の歴史的建造物がまとまって複数立地する立教大学を舞台に、歴史的建造物の保存等に関する講習会と普段は見ることのできない建物内部も含めた見学会がセットのチャリティイベント※を開催することになりましたのでお知らせします。

歴史的建造物の保存を支援するチャリティイベント

 2月22日(土曜)会場:立教大学本館
 1) [10時00分~12時00分]
 2) [14時00分~16時00分]

 参加費:お一人様1,000円※
 定員:各回100名(多数の場合は抽選となります。)

  • 主催
    公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンター
  • 共催
    東京都 豊島区
  • 協賛
    学校法人 立教学院 株式会社大林組 清水建設株式会社

プログラム

第1部 講習会

 改修工事に携った技術者によるエピソードも交えた説明

第2部 見学会

 1) 礼拝堂 2) 本館(モリス館):外観+内観、説明者付
 3) 第一食堂:外観+内観、食堂利用可能
 4) 2号館 5) 3号館 6) 図書館旧館:外観のみ

外観・内観を見学

画像 画像 画像
1) 礼拝堂 2) 本館(モリス館) 3) 第一食堂

外観を見学

画像 画像 画像
4) 2号館 5) 3号館 6) 図書館旧館
※工事中

画像 画像 画像
1) 礼拝堂地下に設置の免震装置
レンガ造で国内初の免震レトロフィット工法を採用
2) 講習会会場(本館)
内部に鉄骨部レースを組み込み耐震改修
内装・家具は過去の意匠を踏襲
3) 第一食堂
 見学に加え、食堂を利用可能

※平成22年度に都民や企業からの寄附金等による基金「東京歴史まちづくりファンド」(別紙1)を創設し、都選定歴史的建造物の修繕費の一部を助成してきましたが、寄附金が減少しています。
 参加費は、当ファンドへの寄附金とさせて頂きます。

※イベントの概要については別紙2をご参照ください。

応募方法

  • 募集
    各回100名
  • 申込方法
    往復はがき往信用裏面に催し名・希望時間(1) 午前の部2)午後の部)・住所・代表者氏名・年齢・希望人数(2人まで)・電話番号・今後のイベント等のお知らせを希望する方は「お知らせ希望」とご記入のうえ、返信用表面に氏名、送付先を書いて、2月10日(月曜)[必着]まで(多数抽選。抽選結果の通知は応募者全員に、2月13日(木曜)頃発送予定。)
  • 参加費
    お一人様1,000円。当日会場受付にて参加費をいただきます。
  • 宛先
    〒163‐8001新宿区西新宿2-8-1
    東京都都市整備局都市づくり政策部緑地景観課 電話 03-5388-3359

※別紙1 東京歴史まちづくりファンド
※別紙2 イベント概要
※別紙3 案内チラシ(PDF形式:2.4MB)

※歴史的景観形成の取組みについてはホームページもご参照ください。

問い合わせ先
都市整備局都市づくり政策部緑地景観課
 電話 03-5388-3359

ページの先頭へ戻る