ここから本文です。

報道発表資料  2013年12月25日  都市整備局

建築士事務所の処分について

 都は、建築士事務所について、下記のとおり処分をしたのでお知らせします。

1 処分をした建築士事務所名

  建築士事務所名 登録番号 処分の内容
1 一級建築士事務所
株式会社風設計
第42814号 平成26年1月1日から1月間の事務所閉鎖

2 処分年月日

 平成25年11月28日(木曜日)

3 処分理由

 建築士事務所の管理建築士が、建築基準法第40条の規定による愛知県建築基準条例第6条の規定に違反する設計を行ったとして、国土交通省から懲戒処分を受けたため(建築士法第26条第2項第4号)。
※建築物の敷地が路地状部分のみによって道路に接する場合、路地状部分の長さが15メートル以上25メートル未満の時は路地状部分の幅を2.5メートル以上としなければならないが、路地状部分の長さが17.346メートルであるにもかかわらず路地状部分の幅が一部2.5メートルに満たない設計を行った。

(参考)建築士法

  • 第26条第2項
     都道府県知事は、建築士事務所につき次の各号のいずれかに該当する事実がある場合においては、当該建築士事務所の開設者に対し、戒告し、若しくは1年以内の期間を定めて当該建築士事務所の閉鎖を命じ、又は当該建築士事務所の登録を取り消すことができる。
     第四号 管理建築士が第十条第一項の規定による処分を受けたとき。
  • 第10条第1項
     国土交通大臣又は都道府県知事は、その免許を受けた一級建築士又は二級建築士若しくは木造建築士が次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該一級建築士又は二級建築士若しくは木造建築士に対し、戒告し、若しくは一年以内の期間を定めて業務の停止を命じ、又はその免許を取り消すことができる。
     第一号 この法律若しくは建築物の建築に関する他の法律又はこれらに基づく命令若しくは条例の規定に違反したとき。

問い合わせ先
都市整備局市街地建築部建築企画課
 電話 03-5388-3356

ページの先頭へ戻る